まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅からハイキング〜戦国を偲ぶ太田金山へ

<<   作成日時 : 2008/11/01 06:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

好天だった28日に、群馬百名山の1座でもある太田市の金山に登ってきました。

東武伊勢崎線の太田駅で下車し、駅の北口から歩き始めます。ロータリーの一角には新田義貞の銅像がありました。駅前のメイン道路に出て左折してしばらく進みます。

画像


太田駅周辺には寺社が多く、案内標識も各所に設置されているのでそれを頼りに歩いて行きます。まずは長念寺に立ち寄りますが、ここには太田七福神のひとつ、恵比寿様も奉られています。

画像


画像


元の道に戻り、ほんのわずかなところに東光寺があります。最近建てられたかのような、近代的なお寺でした。更に進んで行きますが、行く手に金山の稜線が見えています。山というより丘という程度です。

画像


画像


標識に従って左折し、更に少し先で右折すると大光院の参道です。境内ではちょうど菊祭りのようなものをやっていて、そのせいか結構賑わっていました。

画像


画像


画像


画像


本堂の前には臥竜の松と名付けられた、大きく枝を伸ばした松の大木がありました。

画像


画像


本道の左脇を進むと太田七福神のひとつでもある弁財天があり、更に奥には新田家の祖、新田義重の墓があります。この先からハイキングコースが始まっています。

画像


画像


すぐに道が分かれます。ここは右手の緩やかな道を進みます。松が多くて、展望はほとんどありません。少し歩いたところで金龍寺に着きました。ここには太田七福神のひとつ毘沙門天が奉られています。

画像


画像


画像


本道の裏手には新田義貞の供養塔がありました。その手前を右手に進み、少し登ったところに三叉路がありました。ここは左手の急な道を登ります。ようやく視界が開けて、太田市街が望めました。

画像


画像


画像


少し下ってあずまやのところにまた分岐があります。公園状に整備されているせいもあり、道が入り組んでいて分かりにくいです。右手が開けたところを通り、最後に階段状の急なところを登ると駐車場に出てしまいます。

画像


画像


画像


駐車場の一段上が西城で、既に金山城址の一角です。あとは緩やかな稜線を、色々な史跡を見ながら歩きます。樹林越しですが赤城山や榛名山が見えてきました。

画像


画像


馬場下通路を過ぎ、左手の斜面を登ると物見台があります。ここには223mの三角点があり、一部のガイドブックでは山頂とされています。

画像


画像


画像


物見台からは正面に赤城山が大きく見え、その左手には榛名山や浅間山、右手には足尾や日光の山並みが見えていました。予想外の好展望には驚きました。

画像


画像


画像


画像


馬場曲輪、月ノ池を過ぎると休憩舎があります。丁寧な解説パネルがあるので、読みながらゆっくり進みます。この裏手は南側が開けていて、太田市街が見下ろせます。

画像


画像


画像


画像


営業していない茶屋の脇を通り、石段を上り詰めると山頂に建つ新田神社です。ここは新田義貞を奉った神社です。なぜか隣には稲荷神社も建っています。

画像


画像


下山は茶屋のところから南に下って行きます。ジグザグな道を下り、車道を数回横切ります。

画像


画像


かなり下ったところで車道歩きとなります。少し進んだところで左手の文学の散歩道に入り、八王子山の中腹を進みます。山頂には寄らずに先を急ぐと公園に出ました。車道でも駅まで行けますが、ここからまた山道に入りました。

画像


画像


少し急な登りがあり、あとは緩やかに下っていきます。車道に出たところには受楽寺がありました。ここには太田七福神のひとつ大黒天が奉ってあります。この寺は入り口が自動ドアだったのに驚きました。

画像


画像


車道の反対側に更にハイキングコースがあるのですが、あとは車道で駅に向かうことにします。少し下って大きな道路に出て、あとは真南に向かいます。行きに辿った道と合流すると、ほんのわずかで太田駅に戻ってきました。あとは駅前で食事をし、少し贅沢して特急りょうもうで帰りました。


太田駅→(10分)長念寺→(15分)大光院→(40分)物見台→(10分)新田神社→(40分)受楽寺→(15分)太田駅



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
武将ゆかりの山城は
ハイキングと一緒に色々と見れて
いいですね、こういうの僕も好きです
綺麗な山並みも楽しめるところですね!

RUU
2008/11/04 23:01
RUUさん こんにちは!

ここはあまり有名ではないかもしれませんが、一応日本百名城に選ばれているようです。このところ歴史小説を続けて読んでいるので、色々と楽しみながら歩くことができました。

ハイキングにしても軽い行程だったのに、予想以上に展望がよかったのは意外でした。寝坊した日としてはこのくらいがちょうどいいのかと思います。


まるふく
2008/11/05 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅からハイキング〜戦国を偲ぶ太田金山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる