まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三毳山かたくりの里へ行ってきました

<<   作成日時 : 2009/03/17 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

そろそろカタクリが咲き始めたという話を聞き、三毳山の山麓にあるかたくりの里へ行ってきました。三毳山を訪れるのは3度目ですが、過去2度は南側の公園入口から最高点の青竜ヶ岳まで登っています。今回は北側のかたくりの里から山頂を往復しました。

かたくりの里では斜面一杯にカタクリやアズマイチゲが咲いていました。まだ満開ではなく、つぼみも多かったものの十分満足できる眺めでした。私が見たところでは概ね四〜五分咲きという感じでした。

画像


画像


カタクリは春を告げる代表的な花のひとつですね。色といい形といい、とても品がよくてスプリングエフェメラルの名にふさわしい花だと思います。観光地化されているのは残念ですけど、カタクリがこれだけ沢山咲いているのはとても素晴らしいです。

画像


画像


画像


画像


画像


カタクリ群生地は下の方が咲いている株が多かったです。登っていくとアズマイチゲが多くなってきました。ニリンソウはまだつぼみすらありませんでした。

画像


画像


画像


画像


更に登ると尾根に出ました。右手の道で山頂を目指します。緩やかに登っていき、標識のあるところで左手に大きく曲がります。急な登りをわずかで小ピークです。

画像


画像


画像


一旦少し下ってから、山頂に向けて登り返していきます。このあたりはツツジのトンネルのようになっています。初夏には華やかな道となるのでしょうが、今の時期の明るい雰囲気もとても気持ちいいです。新芽が出てきているのも春を感じさせていいものです。

画像


画像


最後に急坂を一登りで山頂に到着です。山頂はアンテナがあってあまりいい雰囲気ではありません。また気温が高いせいか、黄砂のせいか遠くは霞んでしまっています。昨年来た時には浅間山、赤城山、日光連山の眺めが見事でしたが、今日は全く見えていませんでした。

画像


画像


画像


展望もないので引き返すことにします。元の道をカタクリ群生地に戻ります。短い行程ですが、いかにも栃木の低山らしい気持ちのいい山道です。途中で大平山方面が見えるところもありました。

画像


画像


画像


画像


カタクリ群生地を写真を撮りながらのんびり下り、あとは平坦な道を駐車場へ戻ります。途中におそらく人工のものだと思いますが、小さい湿地があって水芭蕉が早くも咲いていました。

画像


画像


画像


かたくりの里の駐車場に戻り、三毳山をちょうど1周するようにして国道に戻りました。せっかくなので佐野プレミアムアウトレットに立ち寄ってから帰宅しました。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もうカタクリが咲いているんですね!
水芭蕉まで・・・
この先、行ってみたいけど休みがなくて・・・
人も多そうですね。

これからの季節 あちこちでお花の便りが聞けそうです。
mimi
2009/03/23 23:55
mimiさん こんばんは!コメントありがとうございます。

カタクリはそろそろ満開らしいですよ。でもここは人が多いかもしれませんね。

水芭蕉は、なぜここにってところにありました。かわいいのですが、水芭蕉は尾瀬とか東北の山なんかで見たいものです。

スノーシューはそろそろ終わりですけど、代わりにお花の季節到来ですね。行きたい所が一杯です。私ももっとお休みが欲しいです。




まるふく
2009/03/24 02:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
三毳山かたくりの里へ行ってきました まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる