まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白樺牧場から鈴ヶ岳へ

<<   作成日時 : 2009/06/29 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

24日の水曜日はほぼ1年ぶりに赤城山へと出掛けてきました。どのコースにしようか迷ったのですが、静かでレンゲツツジの多いという鈴ヶ岳を選びました。

この日は朝から強く雨が降っており、とても山に行こうという日ではありませんでした。それでも昼過ぎには雨は止んで、少し青空も見えてきました。登山口の白樺牧場では日差しも出てきました。

画像


登山道は白樺牧場の外れから始まっています。牧場はレンゲツツジで有名なところで、遠目にはいくらかきれいなのですが、近くで見ると完全にピークは過ぎています。1〜2週間遅かったのかなという感じでした。

画像


画像


歩き始めてすぐ、道は2つに分かれます。右は「ゆるやか 初心者用」左は「強足者 若人、プロ級」となっています。迷わずプロ級の方に進みましたが、やや急な登りだという程度でたいしたことはありません。しかもほんの数分で合流してしまいます。

画像


画像


画像


傾斜が緩んだところに道標があって大きく右に曲がります。ここからしばらくは、緩やかなアップダウンの気持ちいい道が続きます。ツツジが多いのですが、やはり花はほとんど終わっている感じでした。

画像


画像


峠らしくない姥子峠を過ぎると、右手に大きく開けたところがあります。少し寄り道してみると、白樺牧場が見渡せました。また雲が多いものの赤城の山並みが見えていました。

画像


急速に天気が回復してきて、青空が広がってきました。雨上がりの強い日差しの中では、木々の緑がとても生き生きしているように感じました。鍬柄峠で頭上に広がる青空はとても爽やかでした。

画像


画像


画像


峠からやや急な道を登っていくと、やがて展望が開けてきます。ほんの少し前まで雨が降っていたとはとても思えません。無理してでも来てよかったなと思いました。

画像


画像


やがて道が2つに分かれます。道標がないのですが、直登りらしい右手の急坂を登りました。それほどきつくもなく鍬柄山に到着しました。狭い山頂ですが、周りは開けていてなかなかの展望です。赤城山最高峰の黒檜山から駒ヶ岳、アンテナ群が目立つ地蔵岳、そして荒山から鍋割山と周りの山々はよく見えています。大沼も大きく見えていました。

画像


画像


鈴ヶ岳へは鞍部の大ダオまで大きく下らないといけません。痩せ尾根の急坂で、手を使わないと進めないような部分もあります。ツツジはもうすっかり終わっていますが、サラサドウダンが少し咲いていました。少し傾斜が緩んだ後、笹の茂る急斜面のジグザグな下りとなりました。

画像


画像


画像


下りきったところが大ダオで、赤城キャンプ場からの道が北回り、南周りの両方合わさります。ここからは距離は短いもののかなりの急坂が続きます。難しい所はありませんが岩場も何カ所かありました。

画像


画像


画像


途中で見晴らしのいい露岩がありました。形のいい荒山となだらかな鍋割山が見えていました。更に大きな岩が多い道を登っていくと右手に石碑があり、まもなく鈴ヶ岳の山頂に到着しました。

画像


画像


画像


鈴ヶ岳の山頂は木立に囲まれていて、あまり展望はありません。それでも静かで落ち着いた雰囲気はいいものでした。目立つのは3つ並んでいる石碑です。その右手には黒檜山が見えていました。岩の上に乗ると展望が得られ、大沼、地蔵岳や荒山が見えました。

画像


画像


画像


画像


下山は元の道を戻ります。急な岩場は慎重に通過しますが、あとは天気がよくなったこともあり、のんびり気持ちよく歩けます。往きに予想していた通りに、大ダオから鍬柄山への登り返しはややきつく感じました。それでも長い距離ではないので、いい運動になったという感じです。

画像


画像


画像


鍬柄山で展望を楽しんだら、後は一気に登山口まで歩きます。天気がよくなったこともありますが、このコースは樹林が美しくていいコースだなと思いました。少し早ければレンゲツツジやシロヤシオがきれいだったのでしょうし、紅葉の時季にもとてもきれいなのだろうなと思います。

画像


画像


画像


画像


鈴ヶ岳登山口のすぐ近くには赤城山総合観光案内所があります。ここに移動して、併設されている牧場の喫茶店でソフトクリームをいただきました。近くでは牛ものんびりしていました。

画像


画像


画像




鈴ヶ岳登山口→(25分)鍬柄山→(15分)大ダオ→(20分)鈴ヶ岳→(30分)鍬柄山→(25分)鈴ヶ岳登山口



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白樺牧場から鈴ヶ岳へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる