まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲武信ヶ岳と埼玉最高峰の三宝山へ Part3

<<   作成日時 : 2009/08/30 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

18日は埼玉最高峰の三宝山に登りました。十文字小屋からちょうど3時間掛かりましたが、まだまだ余力があったので休憩せずに甲武信ヶ岳へ向かいました。

三宝山からは樹林帯のやや急な下りの後、鞍部から緩やかに登り返します。静かで雰囲気はとてもいいです。

画像


画像


甲武信小屋への巻道が左手に分かれます。小屋に寄ろうかとも思いましたが、山頂まで5分となっているので甲武信ヶ岳へ向かいました。距離は短いもののさすがに最後の登りはきつく感じました。ゆっくりゆっくりと登っていくと、急に視界が開けて、山頂に辿り着きました。

画像


画像


甲武信ヶ岳の山頂はあまり広くなかったです。展望は一部が樹林で隠されているものの、奥秩父や八ヶ岳、そして富士山など素晴らしい展望でした。また三宝山が大きく、その手前の三宝岩もよく見えました。休憩していると次第に雲が出てきて、残念ながら富士山はほとんど隠れてしまいました。

画像


画像


画像


ベンチが空いていたのでここで休憩しました。アルファ米とレトルトのカレーでちょっと早い昼食です。こんなところで食べるカレーは最高です。

画像


画像


私が着いた時に1組ご夫婦が休憩されていました。そして私の後で1人上がってきました。皆さん毛木平から日帰りなのだそうです。たしかに最短路のピストンなら十分日帰りできるのでしょうけど、私にはそれはもったいないなと思えてなりません。

食後にコーヒーを飲んでゆっくりしたら下山に掛かります。まずは急なガレ場を下り、やがて樹林帯に入って行きます。しばらくすると奥秩父縦走路と離れて毛木平を目指します。

画像


画像


画像


分岐から急坂を少し下ると千曲川源流の碑が立っていました。河原に降りてみると水が湧き出ているところがあり、飲んでみると冷たくておいしい水でした。汲みにくかったのですが、なんとかペットボトルに7分目くらい入れて先に進みました。

画像


画像


しばらくは沢沿いの気持ちのいい道が続きます。左右からいくつもの流れが合流していて、水の豊富な山だなと思いました。あまりアップダウンもなく、緩やかな下り基調の道が続きました。時々木の橋で沢を渡ります。

画像


画像


画像


やがてナメ滝に着きました。ガイドブックに奥秩父の中心にいる気分だという描写があったのですが、まさにそういう雰囲気がしていました。

画像


画像


画像


この先で次第に沢から離れていきます。あまり急な所はなくて、トラバース気味の部分が多いです。

画像


画像


やがて大きく折り返して下る道となり、沢がまた近づきます。慰霊の碑を過ぎると林道となり、あとは緩やかに下っていきました。

画像


画像


トリカブトやマルバダケブキを見ながら歩いていくと、行きにあった十文字小屋方面の分岐があり、そこからすぐに毛木平の駐車場に到着しました。

画像


画像


画像


しばらく車で進むと携帯の電波がつながるようになり、会社からトラブルの連絡が入りました。ゆっくり温泉に寄って、それからおいしい蕎麦でも食べようかと思っていたのですが、仕方なくほぼノンストップで埼玉の職場に直行するはめとなりました。


1日目:毛木平駐車場→(80分)八丁の頭→(20分)十文字小屋(十文字山往復25分)(小屋泊)
2日目:十文字小屋→(40分)大山→(60分)武信白岩山直下→(80分)三宝山→(25分)甲武信ヶ岳→(20分)千曲川源流→(40分)ナメ滝→(65分)毛木平駐車場




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新しいパソコンで日記も写真も大変見やすく拝見できるようになったのですが、まだまだパソコンに慣れてなく苦労していますネ

十文字小屋は味のある山小屋みたいですが、夜のおトイレが怖そうですね

最後に会社に直行になるとは…モ

大変でしたね(>_<)
お疲れさまでした
おふく
2009/09/01 23:35
おふくさん こんにちは。

十文字小屋は静かでとてもいい小屋でした。ちょっと人気コース、最短コースから外れると空いているものみたいですね。

トイレは夜中には行きませんでしたが、真っ暗だと怖そうです。よくトイレのあたりに鹿がいるそうですしね。




まるふく
2009/09/02 01:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲武信ヶ岳と埼玉最高峰の三宝山へ Part3 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる