まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雷鳥とお花畑が待つ双六岳へPart5(双六岳から新穂高温泉へ)

<<   作成日時 : 2009/08/06 00:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月23日の早朝、双六岳の山頂に立ちました。天候に恵まれて、非常に素晴らしい展望を堪能しました。ここからの槍ヶ岳、そして大キレットから穂高連峰の眺めは非常に素晴らしいですね。

画像


画像


画像


穂高の右手には焼岳が、さらに右手には乗鞍岳と御嶽山が見えています。そして笠ヶ岳の姿がとても堂々としています。

画像


画像


北側は目の前に三俣蓮華岳、その右手には水晶岳と鷲羽岳、野口五郎岳が、左手には大きな薬師岳、カールの目立つ黒部五郎岳が見えています。いつかこれらの山々にも登ってみたいです。

画像


画像


画像


画像


画像


しばし展望を楽しみますが、やはりちょっと体調が悪いようだし、下りも結構大変そうなので下山にかかります。双六小屋まで戻る時も素晴らしい展望を楽しむことができました。登りの時よりもゆったりした気持ちでお花を眺めながら歩くことができました。

画像


画像


画像


双六小屋でトイレを借りてから鏡平へ向かいます。双六のテント場はとってもいいロケーションで、池の向こうには笠ヶ岳が見えていました。双六池の辺りにはお花も多くて、非常に気持ちのいいところです。ハクサンイチゲやミヤマキンポウゲ、コバイケイソウが多く、ミヤマクロユリもかなり咲いていました。

画像


画像


画像


画像


池の少し先からは少しずつ登っていきます。それほど急な所はないのですが、下山中なのでややきつく感じてしまいます。高度を上げていくと槍ヶ岳方面がまた見えるようになりました。あとは展望とお花を楽しみながらの楽しい稜線散歩になりました。

画像


画像


画像


画像


次第に雲が出てきましたが、なんとか主稜線を歩いている間は槍ヶ岳が見えていました。前日はほとんど雲の中だったので、それに比べてずっと楽しく歩けたと思います。

弓折岳に寄ろうという気力はもはやなかったので、鞍部から鏡平へと下ります。弓折中段手前には雪渓があって、前日はその上を歩いたのですが、びっくりしたことにかなり雪渓が融けていました。鏡平山荘ではお腹が空いていたのでカレー(800円)を注文しました。レトルトかなと思っていたのですが、ごく普通のカレーで味はなかなかおいしかったです。ここではちょうどヘリの荷揚げがあって、目の前でヘリを見ました。

画像


画像


足の具合も心配だったので、しばらく休憩してから出発しました。有名な鏡池からの槍ヶ岳は、雲の中で残念でした。いつか再訪してみたいと思います。登りの時と比べると膝の具合はずっとよくて、悪くないペースで下っていけました。ただし標高差がかなりあることもあり、靴擦れで指の付け根がかなり痛かったです。

画像


画像


鏡平から下っていくとかなりの方が登ってきていました。どの方もかなりきつそうな様子で、自分だけでじゃないのだよなと思いました。アルプスでは初心者向けと言われるコースですが、そんなに簡単には登れないものです。

下山ではとにかく暑くて汗をかきました。秩父沢に辿り着いたら、顔を洗うだけでは満足できなくて、しばらく足を沢につけていました。

画像


画像


秩父沢から石段状の道を下っていくと、ようやく林道に出てほっとしました。あとはのんびり歩いていくとわさび平小屋に到着です。小屋前には野菜や果物が冷やされているのが名物みたいです。私は同じように冷やしてあるネクターを買って飲みました。この時に小屋の可愛い娘が私のことを覚えていたらしく「あっ、お疲れさまでした。」と言ってくれたのが嬉しかったです。

画像


画像


画像


わさび平からもずっと林道歩きです。靴擦れの痛みが限界に近く、早く着かないかなと思いながら歩いていました。そう思うと時間は長く感じるもので、アルプスの山旅の締めくくりが結構厳しいものになってしまいました。それでもなんとか新穂高温泉に辿り着いて、下山届けを出し、駐車場まで来るとなんとも言えない達成感と安堵感がありました。

画像


画像


しかしこれで終わった訳ではなくて、痛い足で運転して埼玉まで帰らないといけません。幸い時間には余裕があるし、運転してみても支障はありませんでした。途中で温泉に入り、沢渡あたりでおそばを食べてから帰途につきました。


新穂高温泉→(70分)わさび平小屋(泊)→(20分)小池新道入口→(45分)秩父沢→(60分)シシウドヶ原→(60分)鏡平山荘→(70分)弓折鞍部→(65分)双六小屋(泊)→(15分)巻き道分岐(巻き道方面へ40分ほどロス)→(40分)双六岳→(25分)双六小屋→(65分)弓折鞍部→(30分)鏡平山荘→(60分)秩父沢→(40分)わさび平小屋→(60分)新穂高温泉










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雷鳥とお花畑が待つ双六岳へPart5(双六岳から新穂高温泉へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる