まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀山平から備前楯山へ

<<   作成日時 : 2009/09/16 13:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

もうだいぶ前になってしまいましたが、9月7日に備前楯山に登ってきました。この日は早朝に起きたものの疲労が溜まっていて、ようやく起き出して出発したのは9時40分と遅い出発になりました。

東北道の佐野藤岡ICから足尾方面に向かいますが、思った以上に遠く、また1車線の国道で遅いトラックがいたことで時間が掛かってしまいました。国道を離れてからは、思ったよりも走りやすい道でした。結局登山口の銀山平に着いたのは午後1時過ぎでした。

銀山平にはキャンプ場や国民宿舎かじか荘があります。登山者用駐車場は先にあるとの表示があり、細い林道を進むと空き地があったので駐車しました。

画像


林道を少し登ると分岐があり、このあたりに駐車スペースがありました。本来はここに駐車するのではと思いました。標識に従って右手の林道を進みます。すぐ銀山平から直接登ってきている関東ふれあいの道と合流しました。

画像


画像


林道は展望のない林の中を緩やかに登っていきます。右手にはかなり下の方に沢があるようで、ほとんど見えませんが音は聞こえていました。

画像


画像


少し開けたところではススキが一面に広がっていて、もうそろそろ秋なのかなと感じました。右手にあずまや風の鳥獣観察舎を見送り、かつて集落があったという所を過ぎると事実上の登山口の舟石峠に到着です。

画像


画像


画像


舟石峠からは草原の中を緩やかに登っていきます。最初はかなり薮っぽく、道が見えないくらいの部分もありました。少し登ると歩きやすい道となりました。

画像


画像


やがて樹林帯に入り、しばらくは展望のない道を進みます。緩やかなアップダウンで気持ちのいい道です。しばらく進むと右手にベンチがありました。

画像


画像


画像


ベンチを過ぎて少しすると標識にしたがって左に大きくカーブします。その少し先からやや急な登りとなりました。階段状の道を登っていくと尾根に出て、ここは標識に従って右手に進みます。

画像


画像


画像


木の根が張り出したところが多い道ですが、特に歩きにくいことはありません。暑い日だったのですが、時折吹いてくる風が心地よく感じます。やがてトラバース気味の道となり、階段状の道を登りきるとまた尾根に出ました。

画像


画像


左手に進むとやがてまた階段状の登りとなりました。山頂手前は踏み跡がいくつもあって、やや分かりにくいです。急斜面を登ると露岩が出てきます。あとはわずかな登りで備前楯山の山頂です。

画像


画像


画像


山頂部分は細長くてやや狭いです。足尾方面の見晴らしがよく、煙害の影響で緑が少ない光景には複雑な心境です。雲がかかっているものの大きな男体山や山並みの向こうに覗く皇海山など展望はなかなかでした。

画像


画像


画像


画像


時間も遅いので、少し休憩したら下山にかかります。元来た道を快調なペースで戻って行きます。

画像


画像


画像


戻って来た舟石峠には大きな駐車場がありました。ここからは備前楯山の山容が見えています。簡易トイレを使わせてもらいましたが、意外ときれいでした。駐車場の一角には峠の名前の由来となっている舟石がありました。

画像


画像


画像


峠からは林道歩きで銀山平へ向かいます。ここまで車で来れば楽だったとも思いましたが、それではあまりに安易な登山になってしまうとも思いました。車のところまで戻り、あとは銀山平のかじか荘で入浴してから帰途につきました。

画像


画像


画像



銀山平→(25分)舟石峠→(10分)ベンチ→(20分)備前楯山→(20分)舟石峠→(20分)銀山平


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀山平から備前楯山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる