まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 上高地スノーシューハイク Part2

<<   作成日時 : 2010/03/06 01:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月19日に上高地へ行ってきました。大正池からの焼岳を見た後は木道の上を歩きます。すぐ脇の流れが非常に美しいです。魚はいないかなとよく見ていたのですがみつけられませんでした。

画像


画像


木道が終わると樹林帯に入ります。トレースはあちこちについていて、どれを頼りにしていいか迷います。はっきりしたトレースと時折あるピンクのリボンを見失わないように進みました。雪は固めで、少し外れたところを歩いてもスノーシューはほとんど沈んだりしませんでした。

画像


画像


少しすると開けたところにでました。焼岳がここからもよく見えています。トレースは向こう側の樹林帯へと続いています。

画像


画像


樹林帯に入って少し進むと、また視界が開けてきました。行く手に穂高がちらっとだけ見えているのですが、あそこの雲がなければなと思いました。

画像


画像


小さい橋を渡るとまもなく湿原に出ました。ここは田代池と田代橋の分岐となっています。湿原の中に入らないように右手に進むと田代池に着きました。

画像


画像


画像


画像


田代池は池というより川の少し幅が広くなったところという感じです。流れが非常に美しいし、背後の山並みと合わせた光景は素晴らしいです。

画像


画像


ここで大正池ホテルで出会った学生の団体がやってきたので、一足先に出発しました。先程の分岐まで戻って田代橋方面へと向かいます。すぐに2つのコースに分かれますが、私は梓川沿いコースに進みました。ここでサルオガセがほんの少しですが見られました。

画像


画像


少しすると梓川に沿って進むようになりました。上高地らしい光景ですし、とても気持ちよく歩けるところです。

画像


画像


まもなく梓川と離れて樹林帯に入ります。小さい橋を渡り、更に進んで行くと先程分かれたコースと合流します。また梓川が近づいてくると田代橋に着きました。

画像


画像


画像


ここからは右岸と左岸とどちらのルートもとれます。私は橋を渡らずにそのまま左岸を進みました。

画像


画像


画像


梓川が大きく左に曲がっていくのに合わせて、ルートも大きく左に曲がります。右手の樹林越しにバスターミナルが小さく見えていました。ここまでくれば河童橋ももうすぐだなと思います。

画像


画像


雪のない時期には何度も歩いた道です。観光客がいないとこんなに静かなのだなと思ったりします。やがて見慣れたはずの河童橋に到着しました。このあたりでは雪がかなり降っていて、当然のごとく穂高の山並みは全く見えませんでした。

画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上高地スノーシューハイク Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる