まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 上高地スノーシューハイク Part3

<<   作成日時 : 2010/03/07 02:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2月19日にスノーシューで上高地を歩いてきました。釜トンネル入口から2時間45分くらい掛かって、ようやく上高地のシンボル河童橋に辿り着きました。

画像


橋の近くのベンチで軽く食事をした後、今度は右岸を歩いて帰る事にします。踏み固められた遊歩道部分だとつまらないので、川沿いのルートを辿ります。雪はそれなりにあるものの、やはり固くてスノーシューならではの感覚は味わえませんでした。しばらくすると遊歩道に合流しました。

画像


画像


そのまま進むと林道に合流し、路面の雪はかなり少なくなりました。アスファルトが露出している部分もあったくらいです。

画像


画像


温泉ホテルを過ぎると間もなく西穂高岳登山口です。ここから西穂を往復したのは2006年夏のことですが、きつかったけど天気がよくて最高だったなとその時のことを思い出しました。

画像


画像


穂高橋、田代橋を渡ると往路で通った所です。このあたりでは天気がよくなってきていて、河童橋にいた頃にこんな天気だったらなと思いました。

画像


画像


樹林帯に入り大正池へと向かいます。途中で猿の集団が梓川を渡ってきているのを見ることができました。小猿を背負っている猿もいて、とても可愛かったです。まもなく田代池への分岐まで戻ってきました。ほんのわずかですが青空が見えていて、とても美しく感じました。

画像


画像


画像


予定より早く戻ってきていることもあり、田代池にまた立ち寄る事にしました。やはりとても絵になる光景だなと思いました。

画像


画像


画像


分岐に戻り大正池に向かうと、また雪が降ってきました。ただしあまり寒く感じることはなかったです。大正池ホテルまで戻ってくると、ほっとしたような、残念なような少し複雑な気分でした。

画像


画像


トイレの脇を上ると、あとはずっとあまり雪のない車道歩きです。治山林道入口あたりでスノーシューを外し、手に持って歩きました。登り返しは思った程きつくもなく、案外早く釜トンネルまで戻ってこれました。ただし焼岳が見えなかったのは少し残念でした。

画像


画像


画像


釜トンネルに入ると真っ暗だし、下りの方が傾斜が急に感じられて怖いと思いました。そこでヘッドランプを点けて歩きましたが、肉体的には楽でも、気持ちとしては登りより嫌だなと思いました。出口に近づくとようやく安心することができました。

画像


画像


バスの時間までまだしばらくあります。坂巻温泉に連絡すれば迎えに来てくれて、無料で温泉にも入れるとのことでしたが、違う温泉に入ってみたかったので、中の湯に入る事にしました。

ゲートのところにある中の湯売店で聞いてみると、旅館の方のではなく、ト伝の湯という貸し切り風呂になら入れるとのことでした。700円払って案内してもらいましたが、売店から1分もかからないところにありました。

画像


画像


私はかなり数多くの温泉を訪れていますけど、これはかなり凄いところで、まさに秘湯の名に値する温泉でした。暗いし湯気が凄いので、ちゃんとした写真が撮れませんでしたが、狭い洞窟のようなお風呂で、お湯も凄く気持ちがよかったです。お湯は少し濁っているのですが、沢山浮いている湯の花が真っ黒なことに驚きました。

画像


画像


しばらくゆったりとしてから売店に戻り、ここでバスの時刻まで待たせてもらいました。バスで松本まで出て、あとは特急しなのと新幹線を乗り継いで帰途につきました。



釜トンネル入口→(25分)釜トンネル出口→(40分)大正池ホテル→(30分)田代池→(左岸ルート 60分)河童橋→(右岸ルート 55分)田代池→(20分)大正池ホテル→(50分)釜トンネル入口










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まるふくさん 上高地スノーシュー楽しまれた様子拝見いたしました。雪は締まっていたようですね。
実はかめ、所属する中高年の山の会の月例山行来年の2月に上高地スノーシューを提案しまして決定となりました。詳細は未定なのですが日程は決定。
まるふくさんのレポが目に入り1〜3と通して拝見いたしました。少し天気は残念でしたね。
私達は東京から中型バスでその辺りの温泉に宿泊して翌日雪の上高地を歩き帰京の予定です。
晴天から吹雪まで 当日の天候の可能性は様々、今からどうにも出来ないのでそれは出たとこ勝負
中高年には厳しいかもしれませんが・・・・
会としては昨年の越後の菱ヶ岳登頂と今年の湯檜曽川散策の2回スノーシューを実行しています。
記事を参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
かめ・ふー
2010/03/09 09:50
かめ・ふーさん こんにちは。

だいぶ先の話ですがお天気に恵まれるといいですね。今年はちょっと雪が少ないようですし、直前に雨が降ったので締まっていたようです。こういうのは運もありますからね。

コースは難しい箇所はないですが、釜トンネルには少し注意が必要かもしれません。

私の記事が参考になれば幸いです。

まるふく
2010/03/09 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
上高地スノーシューハイク Part3 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる