まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲山と有馬温泉へ Part1(芦屋川駅から風吹岩へ)

<<   作成日時 : 2010/03/16 02:31   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

10日に関西出張があり、翌日を休日にしたことで、普段登る機会のない関西の山に登ってきました。いくつか候補はありましたが、人気のある山で、駅から登れることと、下山口に温泉があることから六甲山を選びました。

11日朝、JR、阪急と乗り継いで芦屋川口には10時少し前に着きました。駅前からはすぐ近くに六甲の山並みが見えていました。改札を出てすぐ小さい公園があり、花時計のあたりには多くのハイカーが待ち合わせをしていました。

画像


画像


川沿いの車道をゆっくり歩いていきます。やがて川と離れて住宅街を登っていきます。次第に傾斜がきつくなってきますが、それにつれて高級そうな住宅が多くなった気がしました。分岐には標識があるので迷うような事はありませんでした。

画像


画像


城山分岐を過ぎると林の中の道となりました。すぐ脇の流れが意外な程きれいです。ご夫婦で犬の散歩している方がいて、近所にこんな道があるのは羨ましいなと思ったりしました。

画像


画像


やがて道がそのまま滝の茶屋に入っていきました。残念ながら茶屋は営業していませんでしたが、自動販売機は動いていました。

画像


滝の茶屋を抜けて細い道を進んでいくと、すぐに大谷茶屋です。こちらも残念ながら営業していませんでした。ここにも自動販売機はありました。

画像


画像


茶屋の先に高座ノ滝がありました。小さいながらもなかなか迫力があり、また美しい滝だなと思いました。滝の左上のあたりにはロックガーデンの名付け親でもある藤木九三のレリーフが埋め込まれていました。

画像


画像


画像


滝の左手を少し登ると平坦な道に出ます。ここが分岐となっていて、そのまま進むのが地獄谷を経由する中級コース、右手の斜面に取り付くのがロックガーデン経由の初級コースだそうです。私は初級コースの方へ進みました。

画像


画像


急な岩場を登っていくと、かなり汗が出てきました。傾斜はきついものの、足場はしっかりしているので危険な箇所はありません。振り返ると大阪湾が見えていて、海に近い山なのだなと思いました。

画像


画像


画像


更に登っていくと鎖が下がっている箇所がありました。これを登るとロックガーデンの看板があり、ここからも海がよく見えていました。

画像


画像


画像


画像


ロックガーデンでは早くもツツジやアセビが咲き始めていました。かなり温かくて汗をかいていることもあり、もう春だなとこの時には思っていました。

画像


画像


岩場を過ぎると普通の山道みたいになります。やがて沢を登るようなところがあり、これを登りきると鉄塔がありました。ベンチがあって休憩している人もいます。ここにもツツジが咲いていました。

画像


画像


鉄塔から先は傾斜も緩み、歩きやすい道が続きます。えぐれている箇所もありましたが、おおむねよく整備されているコースでした。

画像


画像


画像


展望のいい箇所を過ぎると、まもなく鉄塔と大きな岩が見えてきます。風吹岩の前の広場では多くの人が休憩していました。見晴らしがよく気持ちのいい所でした。

画像


画像


画像


六甲山にはイノシシが多いようで、注意を促す看板もいくつか見かけました。ここで休憩している時にもイノシシが現れました。見ているとかわいいのですが、ザックを奪ったりして、結構被害もあるようです。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲山と有馬温泉へ Part1(芦屋川駅から風吹岩へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる