まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北鎌倉駅から源氏山と大仏へ Part1

<<   作成日時 : 2010/05/14 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

もう一週間前になりますが、鎌倉の葛原岡・大仏ハイキングコースを歩いてきました。

北鎌倉駅に降り立ったのは11時過ぎと遅い時間でした。観光地なので標識はしっかり出ています。まずは鎌倉方面に車道を歩いて行きます。

画像


画像


ほんの数分歩いたところで浄智寺の標識に従って右折します。浄智寺は13世紀終わりに創設された、鎌倉五山の四位に列される古刹です。山門のあたりにはカメラを構えた方が大勢いました。

画像


画像


この日はコースタイムも短いし、ハイキングというよりも名所巡りといった感じなのでゆっくり浄智寺を見て行く事にします。拝観料は200円でした。奥の方には布袋尊があり、おなかをなでると元気がもらえるとのことだったので、しっかりなでてきました。

画像


画像


画像


鎌倉のお寺はたいていどこもお花が一杯咲いています。浄智寺もシャガやツツジなど多くのお花が咲いていて賑やかでした。

画像


画像


画像


画像


浄智寺を出て、細い車道を奥へと進みます。静かで落ち着いた雰囲気は鎌倉らしいものです。まもなく階段状の登りとなって山へと入っていきました。

画像


画像


標高が低いのであっという間に尾根に出て、ほぼ平坦な道となりました。緑濃い道を少し進んだところで右手の小高い所に登ると天柱峰です。

画像


画像


この先で少し下り、登り返した後は木の階段で大きく下ります。分岐や枝道もありますが、あちこちに標識があるので安心です。辺りには藤の花が見られました。

画像


画像


また少し登ると遊歩道のような平坦な道に変わります。それほど掛からずに広場に出ますが、ここに葛原岡神社や日野俊基の墓がありました。日野俊基は鎌倉幕府の倒幕を企て、この葛原岡で処刑された人物です。昨年太平記を読んでいたので、お墓を見てそのことを思い出したりしました。

画像


画像


画像


画像


このあたりから源氏山付近は公園状に整備されています。少し進んだ三叉路は左に進み、新田義貞の鎌倉攻めで知られる化粧坂を左に分けて進みます。緩やかに登ると源頼朝の銅像が立つ芝生の広場に着きました。ここは小学校の遠足で来たことがあり、なんとなくですが記憶がありました。

画像


画像


画像


ここが源氏山の山頂かと思っていたのですが、ガイドブックによると本当の山頂は先にあります。少し先に進むと右手にトイレがある広場があり、遠足の小学生が大勢休憩していました。トイレの先から左手に登る階段があり、これを登りきると山頂です。

画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントさせて頂きますhey-hey-yosです。
去年からブログを拝見させて頂いておりました。
実は去年から登山(ハイキング?)を始めた、
完全な登山初心者なんです。
まるふくさんのブログの「山小屋ミシュラン」
大変参考にさせて頂いてます。
去年、それがきっかけで燕岳(燕山荘)、
八ヶ岳(しらびそ小屋、高見石小屋)と
登り泊まってみました。
感謝してます。
引越しをされて行ける場所が
限られてしまったようですが、
これからも楽しみにしておりますので、
山小屋ミシュランや登山記のアップを
楽しみにしております。

コメント欄での投稿で申し訳ありませんが、
お礼とさせてください。
hey-hey-yos
2010/05/16 17:18
hey-hey-yos様こんにちは。コメントありがとうございます。

拙いブログをみていただきましてありがとうございます。コメントが少ないブログですから、本当に見ている人はいるのかなと思ったりしていますので、参考になったと言っていただけたら嬉しいです。

今後も地道に書き続けていくつもりですので、時々覗いていただけたら幸いです。




まるふく
2010/05/17 03:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
北鎌倉駅から源氏山と大仏へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる