まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠山と大東温泉シートピアへ

<<   作成日時 : 2010/06/01 01:49   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は掛川の小笠山と大東温泉シートピアに行ってきました。小笠山に登るのは3回目です。

前回は小笠池下の駐車場から登りましたが、今回は車で小笠神社下の駐車場まで上がりました。駐車場からは遠州灘が見えていました。今日はわずかな行程なのでザックも持たず、カリマーのポーチにペットボトルと軽食だけを入れて出発です。

画像


画像


鳥居をくぐって登山道を歩き始めます。駐車場からすぐですが、静かで落ち着いた雰囲気の森の中です。道は遊歩道のように整備されています。すぐに舗装された道が出てきて、更にコンクリートの階段となりました。左手には小笠池が少し見えています。落石避けの屋根をくぐって進みます。

画像


画像


画像


画像


階段を上っていくと岩に這っているような木があります。その先で右手に曲がって、更に階段を上ります。このコース唯一といってもいい急な登りです。

画像


画像


登り着いたところには小笠神社があります。境内からは南側の展望がよく、ここからも遠州灘が見えていました。北側はわずかに望める程度です。残念ながら富士山は見えていませんでした。

画像


画像


画像


山頂へは社務所の右側を通っていきます。以前はビジターセンターだったようですが、今は使われていないようです。ただしトイレは使えるようでした。

画像


また登山道に入り、階段状の道を登っていくと小笠山砦があります。かつて徳川家康が掛川城や高天神城を攻める時に築いたもののようです。その先には家康の陣屋があったという笹峰御殿跡もありました。こういう所に来ると、つかの間のことですが戦国の世の中に思いを馳せたりするものです。

画像


画像


画像


画像


画像


少し下って両側が金網の箇所を通過すると分岐があります。ここを右手にちょっと登ったところにあずまやがあり、北側が大きく開けています。

画像


画像


気温も高いし、低い位置に雲も多いので富士山や南アは見えていませんでした。それでも掛川市街を見下ろすのは気持ちのいいものです。見ていると東海道線や東名高速のあたりは建物が多いのですが、それ以外の部分は森林や茶畑が多いので緑が多いように感じました。ここではホトトギスの声が響き、大きなトンボが飛び回っていました。

画像


画像


分岐に戻ってわずかに先に進むと多聞神社です。道端には矢のようなものが沢山刺さっていました。更に少し進むと鳥居があり、これをくぐったところが十字路になっています。

画像


画像


画像


公園状の山なんかだと時々あることですが、ハイキングコースの道標に山頂を示すものがなかったりします。この十字路の道標にも小笠山の山頂方面を示すものがありません。

画像


私は最初に来る時にネットで調べていたのですが、整備されたコースだと思って、下調べも地図もなしで来たら途方に暮れてしまうでしょう。別にピークハンターじゃなくても、ここまで来たら山頂には立ちたいと思うのが普通だと思うのですが。標識を作る人にはそういった感覚はないのでしょうか。

山頂へは右手の道を進みます。この辺りも標高が低く、また気軽に来れるところなのに山のいい雰囲気があって好きなところです。右手が抉れた細い道を通過し、緩やかに登っていくと「小笠山自然観察教育林」の標識があります。

画像


画像


画像


ここで右手に進むとすぐ山頂です。木立に囲まれた山頂は三角点と小さな標識があるだけです。展望はほとんどありません。

画像


画像


山頂を通り越して少し進むと北側の展望が得られます。先程のあずまやとほとんど同じですが、雰囲気はこちらの方がいいです。この辺りでもホトトギスの声が聞こえていました。

画像


画像


あとは来た道を十字路まで戻ります。あまりに楽だったので法多山方面に歩いてみましたが、カメラのバッテリーがなくなりそうになったのでまた戻りました。なかなかいい雰囲気の道なので、いつか行ってみようと思いました。

画像


登りもたいして時間は掛かりませんでしたが、下りは本当にあっという間です。登りは25分くらい、下りは15分も掛かっていないと思います。全然歩き足りませんが、右のふくろはぎを痛めていることもあり無理はしませんでした。

小笠山を後にして、今度は海沿いの大東温泉へ行きました。ここはもう何度も訪れたことがあります。小笠山の駐車場からは20分強くらい掛かります。駐車場に車を停めて、すぐ裏手の砂浜に行ってみました。少しピークを過ぎていましたが、ハマヒルガオが沢山咲いていました。

画像


画像


画像


画像


少し潮風を感じてから大東温泉シートピアに入ります。建物は南欧風な感じです。料金は500円で時間制限はありません。この料金で温水プールも利用できます。(水着レンタルは200円)私は先にプールで少し泳いでから温泉に入りました。

画像


画像


この温泉は地下深くから汲み上げたものだそうです。色は茶褐色をしていて、ナトリウムー塩化物温泉というだけあってちょっとしょっぱいです。入っていると肌がスベスベになってきます。残念なのは4倍にも加水していることと、塩素消毒していて匂いが少し気になる事です。

お風呂は左右に分かれていて男女入れ替えです。右側だとやや狭いものの、露天風呂の雰囲気がまずまずです。左側だと露天風呂がプラスチック製のしょぼいものなのが残念ですが、ハーブ湯の湯船があります。設備はなかなかきれいです。今回は初めて右側のエリアでした。

温泉でのんびりした後にはマッサージをお願いしました。運動で疲れた身体をほぐしてもらうのは、気持ちがいいものです。ちょっと贅沢ですが、たまにはいいかなと思いました。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まるふくさん こんばんは!
こちらは山あり海あり温泉まであるなんて、とても良い環境ですね〜。
こんな感じの散策をしてみたいものです!
写真を拝見しながら私も少し贅沢な気分になれました(笑
TAKA
2010/06/01 23:39
TAKAさん こんばんは!

近くに気軽に登れる山やのんびりできる温泉があるのはいいものです。寝坊した時や体力に不安がある時にでも行けますからね。

静岡に来て8ヶ月経ちましたが、すっかりこちらに慣れてしまいました。

まるふく
2010/06/02 01:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
小笠山と大東温泉シートピアへ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる