まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1等三角点の楞厳地山へ

<<   作成日時 : 2010/06/13 04:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

静岡に引っ越ししてからなぜか1等三角点の山に登る事が多く、今まで八高山、本宮山、六甲山、神石山、竜爪山、楞厳地山(りょうごんじやま)、御在所岳に登っています。知名度も人気も高い山が多い中で、楞厳地山だけはほとんど無名の山です。

画像


なぜこの山に登ってみたのかと言うと、高天神城址に行こうかなと思っていて、山頂はどこかなと地図を見ていると少し離れたところに三角点がみつかったからです。ネットで調べてみると1等三角点があるピークで、城址から尾根伝いに行けるようです。城址だけだと軽い散歩ですが、三角点まで歩けばいい運動になるかなと思いました。

登ったのは7日のことです。午後遅くになってしまいましたが、高天神城址の南口駐車場を出発しました。入口前には大きな案内の看板が立っています。まずは鳥居をくぐって、薄暗い林を進みます。

画像


画像


少し登ると追手門です。更に階段状の道を登ります。公園状に整備されているのかと思っていましたが、ごく普通の登山道が続きます。高天神社方面の道を分けて、更に登っていきます。

画像


画像


画像


三の丸の分岐を過ぎるとまもなく御前曲輪跡がある東峰の山頂です。元天神社のあたりが最高点となるのかなと思いました。

画像


画像


画像


左手に進み、一段下がった広場状のところが本丸跡です。思ったより狭いかなと感じました。

画像


画像


本丸跡から少し下ると的場曲輪跡です。これを過ぎて下りきったところが井戸曲輪跡で、北口駐車場からの道と合流します。

画像


鳥居をくぐって進むとかな井戸があります。また鳥居があって、石段を上り詰めると高天神社がある西峰です。この一段下に二の丸があったようです。

画像


画像


神社の左手を進み、切割というのを過ぎると馬場平という広場に出ました。曇っていますが、遠州灘が見えています。

画像


画像


一般的な城址散歩だとここまでですが、更に奥にも道が続いています。看板によると、かつて武田側が落城した時に、甚五郎がこの険路を馬で脱出して武田勝頼に報告したのだそうです。そこで甚五郎の抜け道、別名「犬戻り猿戻り」と呼ばれているのだそうです。登山者の目からすると単なる痩せ尾根の道なのですが、馬で駆けたというのはにわかには信じられないです。

画像


画像


ずっと痩せ尾根なので道は間違えようがありません。また思ったよりしっかりしていますし、いくつかベンチもありました。ただし細かなアップダウンがあるし、やや急な登りもあってそんなに楽ではありません。途中でスズメバチがいて少し戻ります。よりによって上下とも黒っぽい格好なので失敗したなと思いました。少ししてから早足で通過しました。

少し心細くなってきたころに「林の谷池」「モコモコ(何でしょうか?)」の標識があります。そちらの道ははっきりしていますが、楞厳地山へは細い直進する道を進みます。もう道というよりは踏み跡ですが、結構はっきりしているし、細い尾根を進んでいるので迷う事はありませんでした。

画像


画像


かなり急な斜面を登り切ると、少し視界が開けて高圧線の鉄塔が見えています。道はここで大きく左に曲がります。ホトトギスの甲高い声が響いていました。

画像


急斜面を下って、また登り返していきます。このあたりは道が細いし、薮っぽいところもあって注意が必要です。正直心細く感じていました。何とか登っていくとT字路になっています。ここにテープはあるのですが、どちらに行くかは分かりません。右手方面がやや高いのかなと思ったのでそちらへと進みました。

すぐにテープの目印がありますが、それが山頂方面を示すかは分かりません。不安なまま少し下ってから緩やかに登っていくと山頂に着きました。この時は正直ホッとしました。

画像


画像


山頂にある標識は楞厳地山と高天神山の2つあります。山名は楞厳地山、三角点名は高天神山ということらしいですが正確なところは分かりません。

画像


画像


あまり落ち着く山頂ではありませんし、空模様が怪しくなってきたので長居せずに戻る事にします。細い道を緩やかに下り、少し登り返すと先程迷った分岐です。直進すると林道に出るようで、楞厳地山への最短路のようです。

画像


画像


画像


分岐を左に曲がるとまた細くて、薮っぽい急坂です。滑りやすいので慎重に下ります。

画像


画像


再び鉄塔が見える小ピークに登り、右手に大きく曲がって下ります。もうルートは分かっているので、不安もなく進みます。薮っぽい箇所を抜けると「林の谷池」への標識まで戻ってきました。ここまでくればもうハイキングコースです。

画像


画像


また痩せ尾根のアップダウンをこなしていきます。心配していたスズメバチがいなくてホッとしました。帰り道の気楽さもあって、意外と早く馬場平へと戻ってこれました。

画像


画像


画像


あとは高天神社、井戸曲輪跡と戻り、南口駐車場へと戻りました。プチアドヴェンチャー気分でしたが、時計を見るとそれほどの時間は掛かっていませんでした。

画像


画像



高天神城址南口駐車場→(7分)東峰(元天神社)→(10分)西峰(高天神社)→(10分)林の谷池分岐→(17分)楞厳地山→(17分)林の谷池分岐→(8分)西峰(高天神社)→(8分)高天神城址南口駐車場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1等三角点の楞厳地山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる