まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イワカガミ咲く御在所岳へ Part1(大石公園から地蔵岩へ)

<<   作成日時 : 2010/06/17 13:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

1週間前になりますが鈴鹿の御在所岳に登ってきました。湯の山温泉に宿泊し、宿に車を置かせてもらって出発です。

コースは色々ありますが、一番ポピュラーな中道を登ることにしました。登山口のある御在所山の家へは湯の山温泉からの車道を歩けばいいのですが、宿の前にある大石公園からショートカットがありました。橋を渡って左手の石段を上がります。このあたりではオオルリが目の前で鳴いていました。

画像


画像


民家や営業していないような宿の間を抜け、やがて車道に出ました。しばらくは舗装路を登っていきますが、とにかく暑くて早くも汗をかいています。ヘアピンカーブのところでまたショートカットがありました。武平峠や表登山道方面の分岐を過ぎて、車道にまた出ると、反対側に中道の入口がありました。見えませんでしたが、このすぐ先に御在所山の家があるようでした。

画像


画像


画像


中道登山道の入口には大きな看板が立っています。ここから右手の斜面を登っていきますが、いきなりかなり急な登りです。階段があったり、岩場には足場が掘ってあったりと道はよく整備されています。

画像


画像


画像


白い岩肌の道を登っていきます。ほとんど樹林帯で展望はありませんが、一部で御在所岳とロープウェイが見えるところもありました。見上げるとまだまだ先は長いなと思います。

画像


画像


画像


滑りやすい斜面があり、辺りが大きく開けました。鋭い頂の鎌ヶ岳がよく見えています。いつか登ってみたいなと思いました。ここを登ったところが三合目で裏道との分岐になっています。

画像


画像


三合目からは緩やかなトラバース気味の道になって一息つけました。しかし次第に岩が多く、また傾斜が急になってきます。このあたりからツツジ等のお花が少し見られるようになりました。上から人の声がするなと思ったら、ロープウェイの下を登山道が通っていました。

画像


画像


大きな岩が点在するところを抜けて登っていくと、辺りが開けたところに出ました。ここが四合目でおぼれ岩という大きな岩がありました。

画像


画像


画像


おぼれ岩は大きなまな板みたいな岩が重なっています。隙間があるのでくぐってみました。どうやったらこういった形の岩ができるのかと不思議に思いました。

画像


画像


おぼれ岩のところで鎌ヶ岳やロープウェイを眺めて少し休憩しました。天気が良すぎて暑いし、そのため汗を物凄くかいています。

画像


四合目を過ぎてからは露岩が多く、展望の開けたところが多いです。標高は低いもののアルペンムード一杯で気持ちのいい道でした。

画像


画像


画像


五合目を過ぎて急な道を一登りすると、中道のハイライトである地蔵岩です。写真では何度も見ていたのですが、実際に自分の目でみると自然の造形に驚かされます。

画像


画像


画像


地蔵岩の辺りは展望が素晴らしく、御在所岳や鎌ヶ岳、釈迦ヶ岳などもよく見えていました。まだまだ先は長いのですが、この展望を楽しみながら、来てよかったと思いました。

画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まるふくさん こんばんは!
地蔵岩周辺は景色が良さそうです♪
大きな岩とその配置がなんとも絶妙で、自然が作り上げた作品に驚かされますね!
TAKA
2010/06/17 20:59
TAKAさん こんばんは!

山ではおぼれ岩や地蔵岩みたいな奇岩があると楽しいですね。特に地蔵岩の造形は凄いと思いました。

中道は人気コースだけあって、展望もよく、登山道の雰囲気もよかったです。地蔵岩辺りは特にそう感じました。

でも鈴鹿は初めてだったので、周りの山々がよく分からなかったです。そんな中で、鋭い鎌ヶ岳の姿は目を引きました。

まるふく
2010/06/18 01:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
イワカガミ咲く御在所岳へ Part1(大石公園から地蔵岩へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる