まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イワカガミ咲く御在所岳へ Part2(地蔵岩から朝陽台へ)

<<   作成日時 : 2010/06/19 03:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10日に御在所岳に登ってきました。湯の山温泉の大石公園から中道を登りました。地蔵岩あたりからは御在所岳山頂部が大きく見えています。

画像


地蔵岩を過ぎて登っていくと、右側が崖になっているところを通過します。危険なところではありませんが、落ちたら相当下まで転がってしまいます。絶対にバランスを崩したりしないことが必要です。

画像


画像


画像


また樹林の中の道となり、登っていくと岩場に出ます。これが6合目のキレットです。

画像


画像


画像


たかだか標高1200mの山にキレットなんかあるのかなと思っていたのですが、たしかにキレット状になっています。傾斜もかなり急で、見下ろすとなかなか険しいです。ただし下ってみると足場が豊富ですし、岩がしっかりしているので案外楽に降りられました。長い鎖のある岩も、特に苦労する事もなく通過できました。侮ってはいけませんが、たいした難易度ではありません。

画像


画像


画像


キレットを過ぎるとまた急な登りとなります。大きな露岩や木の階段を過ぎると7合目のかもしか広場です。また右手が大きく開けて、とてもいい展望です。

画像


画像


画像


画像


ここまでイワカガミの葉は沢山あったのに花は全く咲いていませんでした。少し遅かったのかなと残念に思っていたのですが、7合目を過ぎた辺りからポツポツと花が見られるようになりました。タテヤマリンドウも少しですが咲いていました。

画像


画像


道は樹林帯の登りで、露岩混じりのやや急な道が続きます。鎖が掛かっている岩もありましたが、鎖に頼るような必要はありませんでした。

画像


画像


行く手に大きな岩峰が現れ、その右手を巻いていきます。岩場のトラバースもあって慎重に進みます。少し下ってから、また緩やかに登り返してていきます。この辺りではオオルリが梢に止まって、しきりに囀ずっていました。

画像


画像


画像


岩場の周りではイワカガミが沢山咲いていました。御在所というとアカヤシオやシロヤシオなどツツジの多い山といったイメージだったので、こんなにイワカガミが咲いているのには驚きました。

画像


画像


画像


画像


滑りやすい砂礫の斜面を登り、更に樹林帯を一登りすると階段が見えました。これを越えると公園状に整備されている朝陽台の一角です。ここからは遊歩道でロープウェイ駅に向かいます。

画像


画像


画像


辺りにはツツジが多いのですが、お花は概ね終わり気味でした。わずかにサラサドウダンと元気のないシロヤシオの花が見られました。

画像


画像


朝陽台は御在所岳の山頂の一角で、ロープウェイ駅があるので普通の観光客も多いです。一等三角点のある夕陽台も近くに見えていました。

画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イワカガミ咲く御在所岳へ Part2(地蔵岩から朝陽台へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる