まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大倉から鍋割山と塔ノ岳へ Part2

<<   作成日時 : 2011/02/17 11:33   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の9日から10日にかけて丹沢に出掛けてきました。9日は大倉から二俣、後沢乗越を経由して鍋割山を目指しました。途中ポツポツと小雨が降る事もありましたが、次第に青空が広がってきました。

画像


鍋割山はこれで3度目なので偽ピークがいくつかある事は知っていました。なのでこれで山頂かなという登りがあるので、がっかりしないようにと思っていました。最初のピークの先あたりで右手には大倉尾根も見えてきました。また正面には小丸、大丸らしいピークも見えていました。平坦で狭くなったところには少し雪が残っていました。

画像


画像


しばらくすると階段状の上りとなりますが、緩やかなところが多いです。またしばらく登ると、平坦なところがでてくるのでそれほどキツくはありません。

画像


画像


画像


それでもいくつか小ピークを越えても、なかなか山頂には着きません。意外と時間が掛かるなと思いつつ、頑張って登っていきます。木道状の登りの後、雪が少し残る平坦な道を過ぎるとようやく最後の登りです。

画像


画像


画像


アセビのトンネルを登っていくとようやく鍋割山の山頂です。鍋割山荘に行くと小家主の草野さんがいました。泊まりたいと話したのですが、もう下ってしまうので、一人で泊まってくれと言われました。私の携帯に何度も掛けてくれていたそうですが、全くつながらないので困っていたようでした。

足が少し痛くなってきたので迷いましたが、一人で泊まるのは嫌だし、下山するのはもったいないので塔ノ岳まで行く事にしました。鍋割山頂もなかなか携帯が繋がらずあせりますが、なんとか尊仏山荘に連絡がついたのでホッとしました。

画像


画像


画像


山頂には少し雪がありましたが、せいぜい1センチ値度でした。雲が多くて富士山などは見えていませんでした。時間があまりないので落ち着く事もできず、急いで塔ノ岳へと向かいました。草野さんからは1時間10分くらいかな、雪はあるけど新雪だからアイゼンは要らないと思うと教えていただきました。ゆっくりでも明るいうちには着くだろうと思いました。

画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大倉から鍋割山と塔ノ岳へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる