まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 林叟院から高草山と焼津黒潮温泉へ Part1

<<   作成日時 : 2011/04/30 11:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

26日は焼津に出掛けてきました。元々は静岡から北上して、阿倍奥の山に行く予定でした。それが東名で大事故があり、その影響でかなり渋滞が発生していたので計画変更して焼津の高草山へ向かいました。

焼津は漁港のイメージが強いのですが、付近には花沢山や満観峰などハイキングコースも多いです。中でも高草山は目立つ山で、遠洋漁業の漁師達も戻ってくると高草山の姿に人恋しさをかきたてられたといいます。東名を走っていてもその姿がよく目に付きます。

数多くのコースがありますが、マイカーなので林叟院から登る事にしました。お寺手前に大きな駐車場があり、ここに停めさせてもらいました。駐車場の隣には公衆トイレもあります。林叟院からはABの2コースがあり、駐車場の少し手前に分岐があります。

画像


舗装道路をわずかに歩くと林叟院です。辺りにはヤマブキやシャガが咲いていて、そろそろ春から初夏に移りつつあるのかなと思います。木々の緑も鮮やかに感じます。

画像


画像


画像


お寺の右手奥に進み、墓地を過ぎた所から山に入ります。階段を上るとすぐに平坦な道になります。タンポポやシャガをはじめ、いろんなお花が咲いていました。

画像


画像


画像


画像


すぐに右手へ下る道が別れます。標識には坂本A沢コースとあります。ここは直進して坂本A尾根コースに入りました。ジグザグを繰り返して登っていきますが、それほどきつくはありません。足下にはスミレ等も咲いていました。

画像


画像


やがて竹の多いところに入り、やや急な登りとなります。支尾根に出て、右手に大きく曲がって更に登ります。展望はほとんどありませんが、木々の間からわずかに焼津港が見えていました。

画像


画像


わずかな登りで周りが開け、お茶畑の脇に出ました。新茶の季節となり、黄緑色が眼に鮮やかです。高草山山頂の電波塔が、振り返ると駿河湾が見えています。

画像


画像


車道に出て少し歩くと坂本A沢コースと合流します。その先で左に曲がると山頂を指す標識がありました。ここからは何度も車道を横切りながら高度を上げていきます。海や茶畑、そして足下のお花を見ながらのんびりと登っていきました。

画像


画像


画像


坂本Aコースは道標がしっかり付いています。車道に出ても、すぐ近くに標識と登り口があるので安心して登れます。反対にBコースにはあまり標識はないようです。

画像


画像


画像


野草が多くて、楽しみながら登っていると上部に花壇がありました。見ると「高草山自然環境保存会」とあります。どのような会か分かりませんが、この場所に園芸種を植えて育てることは会の名称からはかけ離れているのではないかと違和感を感じました。

画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
林叟院から高草山と焼津黒潮温泉へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる