まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 志賀高原の熊の湯温泉へ

<<   作成日時 : 2011/06/14 09:02   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

先週志賀高原に行きました。横手山から下山した後、熊の湯温泉の熊の湯ホテルに立ち寄りました。熊の湯温泉は志賀高原最古の温泉だそうです。ホテルの立ち並ぶ硯川のすぐそばにありますが、熊の湯温泉というのは熊の湯ホテルだけのようです。源泉はこのホテルの中庭にあります。

 http://www.kumanoyu.co.jp/hotel/  ← WEB SITEはこちら

画像



日帰り入浴は12時半から15時くらいです。GWなど混雑する時には入れないとこもあるようです。料金は1000円でタオル付き、ロッカーはお風呂場にはないのでホテル入り口にある100円のものを使用します。施設はそれほど新しくはないものの、ホテルだけあってきれいです。

画像


画像


湯船は内湯が1つと露天が1つです。内湯はヒノキ造りで10人くらいは入れそうな大きさです。天井が高いこともあって雰囲気がいいです。洗い場はちょっと古い感じでした。

画像


画像


男性用の露天風呂は岩風呂で、こちらも10人くらいは入れそうです。周りの山々が見えていないのは残念ですが、目の前に小さな滝があるし、開放感があってなかなかいい雰囲気です。女性用の露天風呂は酒樽を使ったもののようです。

画像


画像


お湯はきれいな黄緑色をしています。硫黄泉ということで確かに硫黄の匂いはしていますが、それほど強くはありません。また湯の花がかなり多くて、内湯には沢山沈殿していますし、露天では表面に白いものが薄い膜状になっています。温度は内湯がちょっと熱めで43度くらい、露天は41度くらいに感じました。入っているとお肌がツルツルになってきました。

画像


WEBを見ると源泉掛け流しとなっているのですが、源泉が高温のため加水しているという表記がありました。源泉は67度なのでやむを得ないかもしれませんけど、これで成分が薄まっているとすると少し残念です。加温、循環はしていないようでした。

熊の湯は志賀高原のシンボルである笠ヶ岳の登山口ですし、すぐ近くの硯川は前山リフトがあって、四十八池、志賀山方面への起点となります。バス停がホテルの前にあるので、横手山や草津白根山からの帰路に立ち寄るにも便利です。お湯やお風呂の雰囲気がいいので、登山後に汗を流すにはとてもいいところだと思いました。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志賀高原の熊の湯温泉へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる