まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 横手山から四十八池と志賀山へ Part1

<<   作成日時 : 2011/06/17 11:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

先週は志賀高原に出掛けてきました。7日に横手山頂ヒュッテに泊まって、翌日は志賀山を目指しました。コースはヒュッテの左側から始まります。ヒュッテのすぐそばを下っていき、やがて左手に曲がっていきます。青空がとてもきれいです。

画像


画像


画像


少し下るとのぞき方面の道が分かれます。標識に従って右手に進むと、雪が一杯あってちょっと迷います。道が全然見えていないのですが、斜面を30mくらい下ると道がありました。やや急でしたが、雪は柔らかいのでアイゼンが要るようなことはないです。振り返るとコースがすっぽりと雪に覆われていることがわかりました。

画像


画像


画像


所々積雪はありますが、歩くのに支障はありませんでした。ただし一部凍結箇所があるので、滑らないように避けてあるく必要はありました。まもなくスキー場に出て、ゲレンデを少し下ります。左手に下ればのぞきへも出られるようでした。

画像


画像


画像


標識に従って右手の樹林帯に入りますが、またスキー場に出てしまいます。更に下ってからまた右手に入り、次第にスキー場から離れていきます。所々残雪があったり、また笹が生い茂っていて道が見えない箇所もありました。まだこの時期は整備がされていないし、歩く人も少ないせいかなと思いました。

画像


画像


画像


横手山からだと下り基調なのですが、小さいピークをいくつか超えるので意外とアップダウンがあります。下りに掛かった時に少し視界が開けて、遠くに岩菅山が見えていました。お花が全然なくて少し寂しいなと思っていると、イワナシが沢山咲いているところがありました。

画像


画像


画像


2つ目の小ピークを越えて下っていくと草津峠の看板がありました。ここは峠という感じの場所ではありませんでした。更に少し進むと分岐があり、左手の道は硯川へ出られるようです。ここは右手の道に進みます。

画像


画像


画像


すぐに雪で覆われた箇所があり、乗り越えて先に進みます。やがて鉢山への登りとなり、次第に急になってきます。短いですが結構キツく感じるところです。傾斜が緩んで右手に進むようになると鉢山山頂です。ここは全然展望はありません。

画像


画像


画像


鉢山からの下りはやや視界が開け、すぐ近くに裏志賀山が見えていました。笹が生い茂るやや急な道を下っていくと、四十八池分岐がありました。直進は赤岩山へ続く道です。いつか行ってみたいコースですが、今回は左手の四十八池方面に進みました。

画像


画像


画像


階段状の道を下っていくと、やがて湿原らしきところ、そして志賀山と裏志賀山が見えてきました。美しい光景が広がっているのだろうなと期待が高まります。下りきったところで硯川からの道と合流します。

画像


画像


画像


遊歩道のような道を右手にわずかで四十八池に到着しました。湿原には水芭蕉が一杯で、その向こうには志賀山と裏志賀山が見えています。曇ってきてしまったのは残念ですが、素晴らしい眺めに、ここまで来てよかったなと思いました。

画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
横手山頂ヒュッテは感じが良いところですよね。
自分が以前訪問した時は
昼間の喧騒にくらべ宿泊者が少なく
夕日もよく見えて
泊って良さが堪能出来たと感じました。
志賀高原は道路が発達し過ぎた分、
静かな山道が残されてますね。
前回はあまり歩けなかったので
また訪問したいです・・・。
asa0110
2011/06/21 05:21
asaさん こんにちは!コメントありがとうございます。

横手山ヒュッテでは宿泊者が他にいなかったので、とても静かでしたが、ちょっと寂しくもありました。部屋からも眺めがよかったですが、レストランは展望だけでなく雰囲気もよかったですね。

志賀高原に行ったのは子供の頃以来でした。やっぱり観光地だなという感じはしましたが、コースを選べば静かな山道を楽しめますね。
まるふく
2011/06/22 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
横手山から四十八池と志賀山へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる