まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士眺望の湯ゆらりへ

<<   作成日時 : 2011/09/16 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日三方分山の帰りに、少し足を伸ばして富士眺望の湯ゆらりへ立ち寄りました。山梨県鳴沢村の道の駅なるさわに隣接した温泉施設です。

画像


ここはハイキングコースとして有名な足和田山のすぐそばですし、精進湖、本栖湖、西湖や河口湖周辺にある多くの山からも近いです。マイカー登山の場合だけでなく、バス便利用でも下山後に立ち寄りしやすいです。

施設は新しくてとてもきれいです。料金は一日1200円ですが、割引券を使うと1000円です。割引券はあちこちで見かけますし、ここまで来て持っていなければ道の駅に行けば置いてあります。この料金でバスタオルとタオルも付いています。ただし砂蒸し風呂や色々な種類がある貸し切り風呂は別料金です。

建物は3階建てで受付が2階、お風呂の入口も2階です。ここには高見風呂という大きめの内湯と外に3つの五右衛門風呂があります。五右衛門風呂は陶器みたいで青、オレンジ、緑とカラフルな湯船です。この日は雲ってしまって、ほんの一部でしたがちょうど富士山が見えるようになっています。

階段を降りた1階には室内に洞窟風呂があります。名前から想像するごつごつした狭い岩場とは全く違い、普通の石造りの湯船で、壁や天井は白いものです。狭い空間のため蒸気がこもっていました。ここは風水に基づいたものにしてあるようです。

外に出ると富士のミネラルウォーターを使った冷たい風呂、小さな六角形の香り風呂、そして20人くらいは入れそうな露天風呂があります。露天はぬるめで40度弱くらいでした。ここからもちょうど富士山が眺められます。眺めはもちろんのこと、かなり開放感があっていいと思いました。

源泉が27度くらいのため加温しているようです。また循環、消毒もしていて、少し塩素の匂いもしていました。お湯は無色透明で、よく見ると湯の花みたいなものも少し見られました。泉質はカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、硫酸塩、塩化物温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)とのことです。入ると肌が少しツルツルになってきます。

3階は貸し切り風呂と有料の休憩室があります。2階には無料の休憩室とマッサージ、1階には食事処があります。入浴後にマッサージを受け、その後で遅い昼食を食べました。山梨らしくほうとうや富士桜ポーク、甲州地鶏などを使ったメニューがあります。私は富士桜ポークと地卵のカツ丼(1300円)を頼みました。これは非常においしかったです。

画像


画像


すっかりリフレッシュして外に出ると、ちょうど富士山が顔を出していました。さすが富士眺望の湯だなと思います。天気のいい時にはお風呂からも食事処からも富士が楽しめますし、交通も便利で設備もきれいなので登山やドライブの際にまた利用したいと思います。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士眺望の湯ゆらりへ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる