まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本坂トンネルから坊ヶ峰と富士見岩へ Part1

<<   作成日時 : 2011/12/12 11:32   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の月曜日は湖西連峰へ出掛けてきました。東名の三ヶ日ICから国道を進み、本坂トンネルを超えて愛知県に入ります。右手の旧道に入ってしばらくすると旧本坂トンネルに着きました。ここまでずっと舗装されていて、路面状況も悪くありません。

画像


車を停める場所に困りますが、トンネル少し手前の道路がふくらんだ部分に停めました。ここには2、3台は停められます。手持ちのガイドブックには駐車場があると記載があったのですが、そのようなものは全くありません。

画像


トンネル手前で右手の細い道に入ると、すぐに本坂峠を示す道標があります。植林の中をほんのわずか進むと分岐があり、ここは左手の細く急な道に入ります。1,2分で遊歩道のような道に出ますが、ここには旧姫街道の標識がありました。

画像


画像


画像


緩やかに登ると右手に弘法水というのがありました。単に小さな水たまりがあるだけで、水場としては利用できません。さらに登ると本坂峠に到着です。木立の中で展望はほとんどありません。

画像


画像


本坂峠からは北に向かい坊ヶ峰を目指します。植林の中のかなり急な登りです。台風や大雨の影響なのか倒木が多いですが、通過に支障があるようなことはありません。所々で浜名湖方面が見えています。

画像


画像


やがて登山道脇に夫婦岩という大きな岩がありました。これを過ぎて更に登っていき、ようやく傾斜が緩むとまもなく坊ヶ峰の山頂です。展望はここもほとんどありません。ここまでわずかな距離ですが、少しキツく感じました。

画像


画像


画像


山頂には小さな社があり、その裏手が小高くなっています。行ってみると二等三角点がありました。この近くに色付いた木があって、少し色あせているものの日差しを浴びてきれいに見えていました。

画像


画像


画像


本坂トンネルから坊ヶ峰まで30分も掛かっていません。これではさすがに物足りないので本坂峠から南下してみることにします。急坂を下っていくと、あっという間に本坂峠に戻ってきました。

画像


画像


峠からはそのまま直進し、緩やかにアップダウンを繰り返していきます。道端にタチツボスミレが咲いていて驚いたり、炎が揺れているような紅葉があったりします。

画像


画像


画像


左手が開けた所を過ぎるとまた植林に入り、まもなく浅間神社の脇を通ります。ここは頭の病にご利益があるのだそうです。自然歩道の分岐を分けて更に進むと、倒木がひどい箇所があってくぐって進みます。

画像


画像


画像


鉄塔の脇からは左手が大きく開けたところを登ります。振り返ると坊ヶ峰のまあるい姿がよく見え、その右手には奥三河の山並みと白い南アルプスがよく見えます。素晴らしい展望に来てよかったなと思いました。

画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもブログ楽しみにしております。このトンネルは昔から地元では幽霊が出ると誰も近づかないトンネルなのですが、怖くなかったでしょうか。ここに車を停めるなど怖くてできないです・・・。
AI
2017/05/10 13:53
AI様コメントありがとうございます。

確かにちょっと怖い雰囲気でしたが、日中なら大丈夫だと思います。暗い時間帯なら怖いですね。



まるふく
2017/05/11 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
本坂トンネルから坊ヶ峰と富士見岩へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる