まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の花が一杯の吉祥山へ

<<   作成日時 : 2012/04/29 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

24日の火曜日は愛知の吉祥山へ出掛けてきました。東名の豊川ICから15分くらいで登山口に到着します。AコースとCコースの起点となっている登山口には駐車場と休憩舎、トイレが整備されています。

画像


画像


駐車場から車道を少し上がったところにAコースの登山口がありました。明るい林の中を緩やかに登っていきます。少し登ったあたりでキビタキらしいさえずりが聞こえてきました。

画像


画像


鉄塔脇を過ぎると、標識に従って左に曲がり気味に進みます。道はしばらくほぼ平坦なところが続きます。ツツジやスミレが咲いていて心が和みます。

画像


画像


画像


開けた伐採跡に出るとやや急な登りとなります。振り返ると東名がよく見えています。辺りにはお花が色々咲いていました。トカゲや蝶、バッタなども多く見られました。この日は暑いくらいの陽気で、早くも汗をかなりかいていました。

画像


画像


画像


画像


樹林帯に入るとまもなく鉄塔脇を通ります。更に少し進んだところにも鉄塔があり、ここからは本宮山がよく見えていました。

画像


画像


画像


吉祥山は標高わずか382mの里山ですが、意外にも尾根沿いのAコースには植林部分が少なかったです。新緑がとてもきれいだなと感じました。

画像


画像


画像


大きな案内図のところで郷土の森への分岐を分けて進みます。標識は所々にあるのですが、山頂を指すもの以外はどこに向かうのか分かりにくいと思いました。せめてコースを示すものがあるといいのにと思いました。

画像


画像


登っていくとツクバキンモンソウやチゴユリなどを見かけました。道はよく整備されているし、キツい登りもないのでお花を探しながらのんびりと歩けました。

画像


画像


画像


野鳥の森への分岐を過ぎ、更に昆虫の森の分岐では大きく右手に曲がります。少し急ですがほんのわずかの登りで山頂に到着しました。山頂は細長い広場となっていて、低山ながら明るく開けた気持ちのいいところでした。

画像


画像


画像


画像


山頂からは本宮山の堂々とした山容が目を引きます。また鳳来寺山とその右手の三瀬明神山、左手の宇連山など奥三河の山並みもよく見えていました。残念ながら南アルプスや富士山は見えていませんでした。空気の澄んだ時期には更に素晴らしい展望なのだろうなと思いました。

画像


画像


画像


暖かくて気持ちのいい山頂なので、しばらくゆっくり休憩しました。下山はCコースでと思っていたので、山頂標識脇から階段状の急坂を下ります。ヒトリシズカやタチツボスミレなどお花が一杯咲いていました。


画像


画像


画像


画像


下り切って少し右手に進むと吉祥天女の祠がありました。元の道に戻りCコースの標識に従って、よく整備された道を進みます。

画像


画像


画像


途中で見たことのないスミレを見かけました。後で調べたところフイリフモトスミレというスミレのようです。葉っぱがよく見るスミレとは違うし、花も白くて目立つので独特の存在感があるなと思いました。

画像


画像


画像


樹林帯を下っていくとあずまやがあり、この先でCコースの標識を見て更に下っていきます。すぐにまた分岐があって、花の森と作業道に分かれていたので花の森方面に進みます。小さな沢があってサワガニを見かけました。

画像


画像


花の森の案内図を過ぎた辺りで、道を間違えているのかなと思いました。Aコースの戻るならそれでもいいかと思ってそのまま進みます。少し登りとなって郷土の森を通ると、見覚えがある大きな案内図がありました。かなり遠回りでしたがこれでAコースに合流しました。

画像


画像


あとはそれほど時間も掛からずに駐車場まで戻ってこれました。キンランが見られなかったのは残念でしたが、それでも多くのお花が見れたし、山頂からの展望も楽しめたので来てよかったと思いました。

画像


画像


画像



吉祥山登山口→(Aコース)55分→吉祥山→(花の森、郷土の森経由)70分→吉祥山登山口

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の花が一杯の吉祥山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる