まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西日影沢から山伏へ Part2

<<   作成日時 : 2012/09/03 02:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の火曜日は山伏に登ってきました。西日影沢の登山者用駐車場から、幾度も沢を渡りながら登っていき、80分くらいで蓬峠に着きました。ここでようやく少し休憩しました。

画像


ここまで順調に登ってきていたのですが、峠から少し登ったあたりで膝の上あたりに違和感を感じました。少しマッサージしても歩くとかなり痛みます。先は長いのでもう下山しようかとも考えました。それでもまだ時間は十分あるので、ゆっくり歩き、時折休憩しながら進むことにしました。

左手にジグザグに登ると、尾根の南側に出て山腹の緩やかな登りが続きます。相変わらず痛みはありますが、楽な道が続いたのでなんとか行けそうだと思います。やがて急な登りとなりますが、時折マッサージしながら登っていきます。途中のベンチで少し休憩し、またしばらく急な道を登っていくと最後のベンチに着きました。ベンチには標高1750m、山頂まで45分と書いてありました。

画像


画像


画像


ここで少し休んでいると2人組の登山者が降りてきました。ベンチからは傾斜の緩いところが多くて、比較的楽な道が続きます。やがて細くて滑りやすい道になると、早くもトリカブトの花も見られました。この辺りではガスが湧いてきていて、雲行きがかなり怪しくなっていました。展望はもう期待できないかなと思いました。

画像


画像


画像


画像


やがて急な道をジグザグに登るようになりますが、もう少しで楽になると思って頑張ります。それほど長い登りではなく、まもなく平坦に近い道に変わりました。早くも色付き始めた木々が見られ、足取りもいくらか軽くなった気がしました。

画像


画像


画像


縦走路の出るところには道標や案内板があり、左手に進むと市営の避難小屋があるようです。ここは右手の階段状の道を登ると、笹原の脇を登るようになりました。

画像


画像


画像


画像


更に登るとヤナギランを保護するためのネットを張ったところに着きました。もう時期が遅いかなと思っていましたが、いくらかはヤナギランの花も見ることができました。その他にアキノキリンソウやトリカブトなども咲いていました。

画像


画像


画像


木道を進んで終点からは薮っぽい道をわずかで山伏の山頂です。(木道に入らずにまっすぐいくと、普通の登山道で山頂に着きます。)山頂は意外と狭い感じでした。二等三角点の他、いくつかの山頂標識がありました。足の痛みをごまかしながらの登りだったので、蓬峠からはかなり時間が掛かってしまいました。

画像


画像


画像


画像


山頂からは晴れていれば富士山や南アの素晴らしい展望が見られるはずですが、雲が多くてガスも湧いている状況では何も見えません。残念ですが登頂できたことで結構満足感はありました。また今回はその山で汲んだ水を使って、山頂でコーヒーを淹れて飲むという贅沢をすることができました。天気がよくなくても山はいいなと思いました。

画像


画像


画像


しばらく休んでからは往路を戻りますが、下り始めると少し青空も見えてきました。山頂直下の草原の辺りはとても気持ちのいいところだなと思いました。

画像


画像


画像


足の痛みは下りではそれほど気にならず、そこそこのペースで下って来れました。蓬峠まで下るとすっかりいい天気になっていました。また何度も沢を渡り、登山口に降り立った時には非常にホッとしました。

画像


画像


画像


画像


画像


下山後はダートの道を慎重に通過し、新田の集落を抜けていきます。県道に出たら左折して梅が島温泉方面へ進んで、ほんの数分のところにある黄金の湯に立ち寄りました。ここは昨年秋に八紘嶺からの帰りにも利用しています。気持ちのいい温泉で足の疲れを癒してから帰途につきました。

画像




西日影沢登山者用駐車場→(35分)大岩→(45分)蓬峠→(45分)最後のベンチ→(35分)縦走路出合→(12分)山伏山頂→(55分)蓬峠→(60分)西日影沢登山者用駐車場




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お膝の調子はいかがですか。
何事も無いことをお祈りします。
山伏はちょっと気になってたのです。
なにせ標高が2014なので
再来年ジャストの年に登るか、
来年登って再来年の年賀状に使うか・・・。
頂上には立派な標識がありますね。
参考になりました。
これをバックに写真を撮る日が来るのかなと
夢想中です。
asa0110
2012/09/04 14:08
asaさん こんにちは!

毎週山に登っていた頃と違って、たまにしか行けなくなったので筋力が落ちたようです。寝不足で標高差の大きいコースに行くとダメなことが多いです。幸い大事には至りませんでしたが、3日くらいは痛みがありました。

山伏はアクセスが悪いので行きにくいと思いますが、近くの梅が島温泉と組み合わせるといい山旅になると思います。時期は新緑か紅葉の頃がいいコースだと思います。

私もまだ静岡にいたら2014年に再度登ろうかと思いました。

まるふく
2012/09/05 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
西日影沢から山伏へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる