まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 十里木高原から越前岳へ Part1

<<   作成日時 : 2012/12/24 01:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1週間前になりますが越前岳に登ってきました。朝早く総選挙の投票を済ませてから出掛けました。東名から新東名に入り、新富士ICで降りて十里木の登山口へ向かいます。登山口には大きめの駐車場がありますが、快晴で穏やかな日曜とあって既に一杯でした。ちょうど車が出るところだったので、うまい具合に駐車できました。

画像


登山口からは階段状の道が展望台まで続いています。以前はその道を登ったのですが、右手の緩やかな尾根にもコースがあったのでそちらへと進みます。雨上がりのせいか道はかなりぬかるんでいました。

画像


画像


尾根に取り付いて登っていきます。次第に急になってきましたが、高度が上がると南アルプスがよく見えてきました。もちろん辺りが開けているので富士山も大きく見えています。

画像


画像


画像


展望台のところで直登りの道と合流し、更に登ると電波塔の横を通っていきます。灌木帯もありましたが、概ね開けた道が続いています。振り返ると常に大きな富士山があるので、何度も振り返ってしまいました。

画像


画像


画像


やがてベンチのある広場状のところに出ました。ここには三角点がありましたが、顕著なピークではありません。富士山や南アルプスの展望が素晴らしいです。

画像


画像


画像


その少し先から樹林帯に入り、展望もしばらくは樹林越しとなりました。傾斜も結構キツくなってきました。暖かい陽気だったので霜柱がほとんど溶けてしまっていて、道がぐちゃぐちゃになっていて滑りやすかったです。

画像


画像


画像


途中で開けたところがあり、また富士山と南アの大展望が得られました。南アは白根三山から塩見岳辺りがよく見えていました。ずっと右手には甲斐駒らしき峰も見えていたようです。

画像


画像


また樹林帯に入って展望が限られてしまいます。やがて左手の凹んでた部分が尾根道と同じ高さになってきて、もうそろそろ山頂かなと思います。右手からは勢子辻への道が合流しました。傾斜ももうかなり緩くなっています。

画像


画像


分岐から緩やかな道を登ると人の話し声が聞こえてきました。もう急なところもなく愛鷹山最高峰の越前岳山頂に着きました。

画像


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十里木高原から越前岳へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる