まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウォーキングセンターから本宮山へ

<<   作成日時 : 2013/02/05 12:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

1月30日に三河本宮山へ登ってきました。ウォーキングセンターは平日だというのにほぼ満車状態でした。ここにはきれいなトイレもあって便利です。

画像


行く手に本宮山を見ながら車道を数分歩くと登山口です。大きな鳥居をくぐると登山道に入ります。道はよく整備されていて、山頂の神社を50丁とする丁目石があるので位置を把握しやすいです。椎木坂を登ると尾根に出て、あとはしばらく緩やかな道が続きます。

画像


画像


画像


のんびり歩いていくと鶯峠という所に出ました。左手が開けていて新東名高速の工事現場が見えていました。そういえば登山口に新東名の工事で発破や工事音がするけど危険はありませんという立て看板がありました。

画像


画像


やがてベンチがあり、右手が少し開けて吉祥山などが見えるところを通ります。この先は薄暗い植林の登りと変わります。21丁目のところで林道に出ました。ここにもベンチがあり少し休憩しました。

画像


画像


画像


林道の反対側から登山道に入りますが、いきなり急な登りです。一旦緩やかな道になりますが、また岩場の急な登りで高度が上がっていきます。このコースは露岩がかなり多くて、短いながらも登山しているなという感じがするコースです。

画像


画像


画像


画像


急坂を登っていくと蛙岩があり、この一段上にあずまやがありました。その先には日月岩というのがあって、確かに岩に日と月の文字が刻まれていました。

画像


画像


画像


石段の道となり、これを上り詰めると鳥居と水場があります。ベンチもあって休憩にはいいところです。持って来た水道水を捨てて、水を汲んでいきました。水場の辺りは凍結していました。

画像


画像


画像


更に急な道を登っていくと山姥の足跡がある岩に突き当たります。前に来た時もどれが足跡なのか分からなかったのですが、ちょうど下ってきた方がこれがそうだと教えてくれました。ここから少し登ると再度林道に出ました。

画像


画像


画像


林道を進むとすぐ右手に登山道があります。沢沿いを少し登ると清めの水場があり、これを過ぎて植林の中を登っていくと新45丁目のところにまた鳥居がありました。小さな神社を2つ過ぎ、最後に長い石段を登り詰めると山頂部の砥鹿神社に到着です。

画像


画像


画像


画像


三角点のある山頂は神社の先にあります。大きな鳥居を抜けて、赤い橋で車道を渡ります。この辺りには結構雪も残っていましたが、歩くのに支障はありませんでした。あとは緩やかな斜面を登ると建造物の乱立する山頂です。

画像


画像


画像


画像


山頂には一等三角点と珍しい天測点というのがあります。風が強くてかなり寒かったので、風を避けられる位置にあるベンチでしばらく休憩しました。残念ながら南アは見えていませんでしたが、周囲の山々や三河湾などの展望は得られました。

画像


画像


画像


帰りは往路をそのまま戻りました。下りの岩場は慎重に下りましたが、予定よりずっと早くウォーキングセンターへ戻って来れました。


ウォーキングセンター→(35分)林道(21丁目)→(30分)水場→(40分)砥鹿神社→(10分)
山頂→(70分)ウォーキングセンター






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウォーキングセンターから本宮山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる