まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜とツツジ咲く高天神山へ

<<   作成日時 : 2013/03/25 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日、犬を連れて近所の高天神山と楞厳地山を歩いてきました。南口の駐車場の桜は既に満開でした。

画像


画像


画像


まずは杉林の中を登っていき、まもなく追手門(跡)を通過します。次第に周りには照葉樹が多くなってきます。三の丸分岐を過ぎ、平坦な道を少し進むとまた分岐がありました。ここは右手に登っていくと、さほど疲れずに高天神山の東峰(鶴翁山)に到着です。

画像


画像


画像


東峰には元天神社があり、この辺りが最高点のようです。少し下がったところに本丸跡があります。木立に囲まれていますが、ちょっと開けた所からは富士山や南アルプスも見えていました。

画像


画像


画像


画像


本丸跡に桜が植えられていて、こちらは咲き始めといったところでした。もう少ししたらここでお花見ができそうでした。

画像


画像


本丸跡からは的場曲輪跡を下ります。突き当たりで右手に進むとすぐ東西の鞍部に着きます。わずかに進んでから、最後に急な石段を登ると高天神社が立つ西峰です。この辺りの桜は満開に近かったです。

画像


画像


画像


神社左手から切割という敵の侵入を防ぐ仕組みのところを通過すると、広場になっている馬場平に着きました。南側が大きく開けていて、遠州灘がよく見えていました。ここでちょっと休憩しました。

画像


画像


馬場平から先は甚五郎抜け道という狭い尾根状の道が続きます。狭いし、アップダウンもあるので若干心配していましたが、犬は自分からドンドンと先へ進んでいきました。

画像


画像


画像


画像


途中からツツジの花を目にするようになってきました。まだ三月半ばですが、このところ暖かかったせいかなと思いました。つぼみもありましたが、概ねちょうど見頃のように思いました。

画像


画像


やがて林の谷池への分岐があります。普通ならそちらへ進むか、ここで引き返すことになりますが、今回は直進して楞厳地山(りょうごんじやま)へと向かいます。最初の辺りがちょっと薮っぽかったものの、それ以降ははっきりした道が続きます。引き続き細い尾根道で、短いながらも急なアップダウンもありました。ツツジの花があちこちで見られました。

画像


画像


画像


鉄塔が見える小ピークを過ぎると、両側が崩壊した細い道を通過します。2010年6月に来た時にはこんなじゃなかったなと思いました。戸隠山を思わせるような所ですが、犬は特に怖がることもなく、普通に通過できました。

画像


画像


画像


画像


危険なところを通過してちょっと安心しますが、ここからかなり急な斜面を登ります。やがて稜線に出て、右手に少し下っていきます。あとは緩やかに登り返すと楞厳地山に着きました。木立に囲まれて展望はありません。ここには一等三角点と菱形基点測点がありました。

画像


画像


画像


あとは往路を戻っていきます。崩壊箇所を過ぎ、林の谷池分岐まで戻ってくると一安心です。犬連れでちょっと心配もしましたが、久し振りに長く歩けたし、自然の中にいれたことは嬉しかったようでした。

画像


画像


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜とツツジ咲く高天神山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる