まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アカヤシオ咲く三瀬明神山へ Part1

<<   作成日時 : 2013/04/25 01:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

16日に奥三河の三瀬明神山に登ってきました。新東名から三遠南信道に入り、終点で降りてからは国道151号線を北に向かいます。トンネルの手前で標識に従って左の細い道に入り、小さな集落を抜けて行くと簡易トイレ手前に駐車スペースがあります。4台くらい停められそうでした。ここまでしっかり舗装されているので、普通車でも問題なく来れました。

画像


画像


登山の支度をして、川沿いの林道を更に奥へと進みます。植林の中ですが、足下にはスミレ等のお花が咲いているし、流れがきれいなので気持ちのいいアプローチです。数分歩いていくと登山口の大きな看板がありました。林道はもう少し続いていて、駐車スペースも若干あるようです。

画像


画像


画像


登山口からはすぐに川を渡ります。靴を濡らすこともなく、簡単に対岸に渡ることができます。渡ってすぐ立っていた看板には「若いんだから3100mなんてなんでもない」と書かれていました。自分は若いかどうか微妙だからどうかなと思いました。

画像


画像


よく手入れされた植林の中を登っていきます。最初緩やかだった道は、次第に傾斜が急になってきます。しばらく頑張ると1合目の銀名水という水場に着きました。湧き水だそうですが、どこを汲んでいいのか分かりませんでした。

画像


画像


画像


ここから緩やかな沢沿いの道になり、沢の中を歩くようなところもあります。やがて沢と分かれて右手に登っていきますが、少しすると方向が変わって今度は左手の斜面を登っていきます。最後に木の階段がある斜面を登ると2合目に着きました。ここまで1100mなので距離的にはもう3分の1以上歩いたようです。

画像


画像


画像


右手の緩やかな道を進んで行くと大きく開け、行く手には大きな岸壁が見えていました。ちょうどこの辺りの山桜がきれいに咲いていました。ここを進むのは大変だなと思ったのですが、さすがにそんなことはありませんでした。しかしここからは岩混じりの急で険しい道が連続します。

画像


画像


画像


次々と鎖や梯子が出てきます。かなり傾斜が急なところも多く、慣れていない人にはかなり手強いと思います。それでも手掛かりや足場はちゃんとあるので、落ち着いて登ればそれほど難しくはありません。私はこういうところが好きなので、アスレチックみたいだなと思いながら楽しく登っていました。ちょうどミツバツツジも目を楽しませてくれていました。

画像


画像


画像


画像


急な登りが一息ついたところに「ドウダンツツジ群生地」の看板がありました。さすがにドウダンツツジの花には早かったようです。しかしこの辺りでミツバツツジとは違うツツジの花が咲いていて、よく見るとアカヤシオのようでした。まだ咲いているとは思っていなかったのでびっくりしました。久し振りに見たアカヤシオは、柔らかいピンク色がとてもきれいでした。

画像


画像


画像


細い尾根道を進んで行くと、今度は「シャクナゲ群生地」の看板がありました。確かにシャクナゲの木が多く見られますが、さすがに花は全く咲いていませんでした。看板の先で少し急な斜面に取り付き、これを登り切ったところに5合目の標識がありました。どうも3合目や4合目はなかったみたいです。

画像


画像


画像


5合目からはほぼ平坦な道で、意外と簡単に6合目に着いてしまいました。6合目は乳岩方面からの道が合流しています。標識によると山頂まであと60分です。

画像


画像


6合目からはしばらく薄暗い道を下っていきます。やがて大きな岩を鎖を使って登ると7合目の標識がありました。その少し先にもかなり長い鎖場がありました。

画像


画像


画像


画像


また周囲にアカヤシオが見られるようになり、花を楽しみながら進んで行きます。右側に少し下って進むと赤い梯子があり、ここに8合目の標識がありました。梯子を慎重に登ると有名な馬ノ背岩に出ました。

画像


画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもブログ楽しみです!
この登山口は車のナビで行く場合、目標名称を何とうてばよいのでしょうか。
AI
2017/04/11 20:08
AI様 コメントありがとうございます。

登山口をナビで検索しても出てこないと思います。東栄町の奈根でおおよその位置が出ます。国道151号でトンネル手前を左の細い道に入るのですが、三瀬明神山の大きな標識があります。あとは道なりに奥へと進みます。

ナビで緯度と経度が設定できるのであれば、35度02'53" 137度40'50"です。東海登山口情報300という本に載っていました。






まるふく
2017/04/11 22:40
乳岩コースや鳳来ダムコースとは違うのでしょうか。登山口は山頂からして、どの方向でしょうか。

https://takahirosuzuki.com/2015/0822110144
AI
2017/04/12 16:17
こんばんは。

三瀬からのコースは東側からで、乳岩からのルートは南側からです。この2つが主な登山コースです。六合目で合流しますが、そこまでは乳岩からの方が長いです。

乳岩からだと沢沿いの気持ちいい道のようで、いつか登ってみたいです。初めて登るには三瀬からのルートの方がいいと思いますし、これ以外の2ルートはあまり登られていないと思いますよ。








まるふく
2017/04/12 22:21
無事到着しました。ありがとうございました。あのお城の様な豪邸は何なのでしょう。
AI
2017/04/15 18:34
AI様 豪邸なんかありましたか?ちょっと記憶がありません。
まるふく
2017/04/17 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカヤシオ咲く三瀬明神山へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる