まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 高根山の巨木巡りへ Part1

<<   作成日時 : 2013/05/24 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

21日は藤枝の高根山に登ってきました。前日までは山梨方面に出掛けようと思っていたのですが、朝起きたら曇り空だったこともあり、比較的近くで、展望以外にも楽しみがある山ということで予定を変更しました。

登山口の蔵田へはバス便もありますが、やはりマイカーで出掛けるのが便利です。国道1号の藤枝バイパスを谷稲葉ICで下りて、県道32号を瀬戸川に沿って北上していきます。ビク石登山口の先からはやや狭く、傾斜のある道となり、台地の上にある集落が蔵田です。バス停のすぐ先に大きな駐車場がありました。

画像


画像


高根山は宇嶺ノ滝を経由して周回するのが普通のようですが、事前に調べたところ蔵田から滝へ向かう道が通行止めとなっていました。仕方ないので滝を見るのは諦めて山頂を往復することにします。駐車場からすぐ宇嶺ノ滝方面の分岐がありますが、確かに通行できなくなっていました。左手の島田方面の道を少し登ると左手に製茶工場、右手には鳥居があってここから白山神社へ続く道があります。

画像


画像


鳥居の先に大きな木がありました。これが県指定天然記念物にも指定されている鼻崎の大スギです。看板によると樹高27.5m、根廻り14.5m(指定時)だそうです。ただ大きいだけでなく、生命力を感じる樹だなと思いました。

画像


画像


画像


大スギを見送って、茶畑の中の細い道を登っていきます。空は今にも雨が降ってきそうなくらいで、低いテンションでした。急な道を登っていくと、やがて展望のない道になりました。植林が多く、花もほとんどなかったですが、ツツジがちょっと咲いていました。

画像


画像


画像


日差しはないもののかなり蒸し暑く、汗をかきながら黙々と登っていきます。傾斜は凄く急な訳ではないのですが、それなりの傾斜の道がずっと続いています。途中にベンチがあって、大きく開けた所もありました。更に黙々と登っていくと、ベンチときれいなトイレもある小広場がありました。

画像


画像


画像


このすぐ先で林道が分岐していて、道標によるとマルカシ方面へ行けるようです。元々は山頂まで行って、そこからマルカシを往復しようと思っていましたが、これだと周回して来れるなとこの時点で気が付きました。

画像


画像


分岐はひとまず直進し、白山神社を目指します。車道歩きに疲れてきたなと思っていると駐車スペースがあり、その先に山頂への登山道入口がありました。

画像


画像


画像


山頂へ進む前に、車道を少し進んで高根白山神社に立ち寄っていきます。境内は意外にも狭いのですが、太い杉が多くて静かな雰囲気です。奥に建っている建物には入れませんでした。

画像


画像


巨木の1つである高根神社の杉を探したのですが、それらしいものが境内では見つかりませんでした。どこだろうと思っていると、神社入口を出た所の看板がある斜面に道がありました。急な斜面を少し登ると金網の向こうにご神木の杉が見えました。

画像


画像


画像


元の道に戻り、高根山の山頂へと向かいます。展望のない植林の中の道を登っていきます。階段状の道を登っていくと足下にスミレが咲いていて、今頃こんな低山で咲いているのかと思いました。車道歩きに疲れた身体には、短いながらもちょっときつく感じながら登っていきます。

画像


画像


画像


登りついたところに東海自然歩道の道標があり、ここは左手に進みます。NTT中継所に沿って進むとベンチがあり、このすぐ先が高根山の山頂でした。標高871m山頂は藤枝市の最高地点でもあります。


画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高根山の巨木巡りへ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる