まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐野峠から東海自然歩道で思親山へ

<<   作成日時 : 2013/06/06 11:10   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

31日は山梨県の思親山へと登ってきました。新東名の新清水ICから国道52号線を北上し、富士川を渡って身延線内船駅まで行きます。この辺りでちょっと迷いましたが、駅の東側奥から細い道を登っていきます。かなりきつい傾斜の林道を30分近く登ると、ようやく佐野峠に辿り着きました。

登山口の佐野峠には駐車場とトイレがありました。林道はこの先にも続いていますがゲートがあって通行はできません。手持ちのガイドブックではトイレは使用不可となっていましたが、新しくなったのかきれいで普通に使用できました。

画像


思親山へは道標に従って階段状の道を登っていきます。すぐにベンチがあって、ここに東海自然歩道の看板が立っていました。木の杖も用意されていました。

画像


画像


画像


最初のうちはそれほど急ではなく、新緑の中をゆっくり登っていきます。少し登ったところに「思親山1.2Km」の小さい標識がありました。この標識は200mごとにあって、いい目安となってくれます。

画像


画像


画像


やがて傾斜がかなり急な階段の登りとなり、これがしばらく続きます。途中でギンリョウソウが少し見られました。残り1Kmの標識の辺りでようやく傾斜が緩みます。

画像


画像


画像


あとは山頂まで緩やかなアップダウンが続きます。歩いていると階段の途中に何か動物がいるのが見えました。あまり近づけなかったので何だかは分かりませんでした。

画像


画像


画像


東海自然歩道の道標を過ぎると、しばらく下り道となります。下りきったところには左から佐野峠からの林道が上がってきていますが、今は通行禁止となっていました。

画像


画像


画像


階段状の道を登るとまもなく「思親山0.2Km」の標識がありました。また少し下ってから、平坦な道を進むと植林の向こうが明るく見えてきました。そして緩やかな階段の上には山頂らしきところが見えてきました。

画像


画像


画像


最後の階段を登ると明るく開けた山頂に到着です。ガイドブックに1時間弱とあったのですが、たった30分で着いてしまって、正直あっけないと思いました。山頂からは大きく富士山が見えるはずですが、近くの山以外は見えていませんでした。

画像


画像


画像


画像


思親山は山梨百名山です。静岡に引っ越してからは山梨方面に行く事が少なくなったので、山梨百名山は昨年8月の山伏以来で、これで33座目となりました。

画像


ここからは身延線井出駅へのコースもありますが、今回はマイカーなので佐野峠へと戻ります。途中の急な階段の辺りでは、新緑に吸い込まれそうな感覚がありました。佐野峠に戻ってもまだ雲が多くて富士山は見ることができませんでした。帰りの林道は幸いにもすれ違いの車には出会わなかったです。内船駅まで戻ってくるとホッとしました。あとは新東名で帰途につきました。

画像


画像


画像



佐野峠→(30分)思親山→(25分)佐野峠



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐野峠から東海自然歩道で思親山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる