まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 寸又峡温泉から沢口山へ Part1

<<   作成日時 : 2013/10/31 01:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

23日は寸又峡温泉から沢口山へと登ってきました。沢口山は静岡に来て以来、登ってみたい山でしたがなかなか機会がなく、ようやく登る事ができました。(3年前に行こうとした時、直前に男女5人の遭難騒ぎがあって取り止めたこともありました。)

寸又峡までは大井川沿いを北上していきます。途中で崖崩れのため迂回したところもありますが、比較的走りやすい道が続きます。千頭駅を過ぎてしばらくすると接岨峡温泉方面と分かれ、かなり細い山道に入ります。対向車に注意して運転し、寸又峡温泉に着いたのは10時半くらいでした。温泉街入口に大きな駐車場もありましたが、奥のバス停前にある小さな駐車場に車を停めました。

画像


カモシカの像の左手の道が沢口山へのメインコースです。ガイドブックによっては美女づくりの湯への坂道を上って、途中から右手に曲がると記載されています。しかしこれは地図でも破線となっていて、現在普通に登るコースではありません。

画像


画像


歩き始めた頃は、少しですが青空も見えてきていました。ほんのわずか歩くと舗装が切れ、日向山コースの大きな看板が立っています。ここを右手に入ると登山道です。少し進んだところから外森山の姿が見えていました。

画像


画像


画像


最初のうちは植林の中のかなり急な道を登っていきます。ジグザグの登りで高度を上げ、15分くらい頑張ると尾根に出ました。標識があって、ここは左に曲がります。遭難が2010年と2012年に起きているせいか、右手に入り込まないようにロープとマークもありました。

画像


画像


画像


画像


ほぼ平坦な道を少し進み、次第に傾斜が出てくるとテレビ中継塔がありました。少しだけ切り開かれていて、周囲の山並みが見えていました。ここからしばらくはキツい登りが続きます。やがてヤマイワカガミ群生地の標識がありました。この時期は葉っぱだけですが、看板の周囲に沢山ありました。

画像


画像


画像


更に急な登りが続きますが、標高が上がったせいか色付いた木々が少しづつ見られました。やがてベンチがある展望所に着きますが、名前に反して展望はそれほどありませんでした。下の方には寸又峡温泉が見えていて、結構登ってきたなと思いました。

画像


画像


画像


画像


展望所の少し先で、標識に従って左手に少し下ります。するとすぐに木馬(きんま)の段という所に出ました。ここからは右手に緩やかに登っていきます。

画像


画像


画像


また尾根道に合流し、やや急な道を登っていくと赤ヤシオツツジ見所の標識がありました。ここには見事に赤く色付いた木が1本だけありました。

画像


画像


植林に入って少し下ってから、また急な道をジグザグに登っていきます。それほど長い登りでもなく、細長い広場状の富士見平に着きました。ここは猿並平コースとの分岐点になっています。目を凝らすと樹間から富士山が見えるらしいですが、正直なところ難しいのではと思いました。

画像


画像


画像


画像


富士見平の標識の少し先で、マークに従って右手の窪地に下ります。ちょっと分かりにくい所もありますが、新しいマークが数多くあるので安心です。ブログなどで見た事のある木に喰われた標識もありました。

画像


画像


画像


緩やかに登り気味に進むと、やがて右手に下る階段状の道が出てきます。これを下ったところが沢口山のハイライトである鹿のヌタ場です。右手には大きなミズナラの木もありました。この付近は非常に山深さを感じるところで、頑張って登ってきてよかったと思わせてくれました。

画像


画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寸又峡温泉から沢口山へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる