まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡温泉美肌湯へ行きました

<<   作成日時 : 2013/11/25 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

22日は青笹山に登りました。下山後は静岡市街に戻って、天然の静岡温泉美肌湯に立ち寄りました。場所は賤機山の麓にあり、浅間神社の北側で県道27号線(安倍街道)沿いにあります。静岡駅からも東名や新東名のICからも近くて便利な位置です。バス停も近くにあるので、車でなくても利用しやすいです。

画像


画像


http://www.bijinyu.co.jp/   ←公式サイトはこちら

営業時間は朝6時から夜11時までと長いです。料金は平日だと3時間まで800円、1日が1300円で土日は;200円です。ただし今は限定で3時間料金でも終日入っていられるようです。またロッカーは無料でした。

源泉は2つあり、どちらも地下深くから汲み上げているようです。カブラオ温泉は南アルプスの豊富な地下水を水源としており、硫黄分が豊富な温泉です。(含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉)もう1つの籠上温泉は安倍川流域の雨水が長年しみ込んだアルカリ性の温泉です。(ナトリウム・塩化物温泉)

大きな湯船には籠上温泉が使用されているようです。普通の湯船と反対には超音波風呂もありました。お湯は無色透明で、特に匂いはしていません。肌がしっとりとする感じはしましたが、普通のお湯とさほど変わらないようにも思いました。

カブラオ温泉と表示がある湯船は5,6人くらいしか入れない小さなものでした。色や匂い、手触りなどは日によって変わるという表示がされていました。お湯は無色透明のはずですが、この時は少し黒っぽく見えました。また硫黄の匂いがしていました。入ると肌がすぐにしっとり、スベスベになり、温泉成分がかなり濃いのかなという印象でした。

それ以外には寝湯(源泉リラックス風呂)や座り湯、サウナもありましたが露天風呂はありませんでした。街中の施設だからかもしれませんが、これはちょっと残念だと思いました。

お風呂場とマッサージなどは1Fにあり、2Fには食堂や無料の休憩室がありました。利用しませんでしたが、食事のメニューをみたところ料金はリーズナブルでした。また建物や設備等は比較的新しいようで、全体的にきれいでした。

場所的に一般客の利用が多いのでしょうが、賤機山ハイキングの後には最適な位置にあります。また真富士山や青笹山、十枚山など安倍奥の山からの帰りに立ち寄るにも便利です。スーパー銭湯みたいなイメージでしたが、場所だけでなく意外にもお湯自体がいいので、登山後の利用にも好適だと思いました。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡温泉美肌湯へ行きました まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる