まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 発端丈山とラフォーレ修善寺へ

<<   作成日時 : 2013/12/22 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は横浜の友人夫妻と一緒に伊豆の山へと登ってきました。手軽に登れて展望もよく、凍結の危険もなさそうなので発端丈山を選びました。三島駅で待ち合わせ、車で40分くらいで城山登山口に着きました。

画像


城山に登るのは昨年1月、今年1月に続いて3度目です。この日は土曜日だったこともあって、迫力ある岸壁には何人かが取り付いていました。

画像


画像


少し開けた所を過ぎて、もう一登りするとベンチのある城山峠です。小さなお地蔵さんは風雨でかなり削られてしまっていました。まずは右手の道で城山を目指します。照葉樹林の気持ちのいい登りです。

画像


画像


画像


峠からそれほど掛からずに城山の山頂に到着しました。狭い山頂からは狩野川や大仁の町が一望でき、少し雲が掛かっている富士山がきれいでした。箱根や天城の山並みもよく見えていました。

画像


画像


画像


少し休んだら発端丈山へと向かいます。まずは明るく気持ちいい道を城山峠まで戻ります。峠からは概ね平坦な道を進みます。一旦林道に出ますが、すぐにまた登山道に入ります。しばらくは薄暗い植林の登りが続きます。

画像


画像


画像


葛城山の分岐を見送り、少し登ると今度は下り気味の道となりました。まもなく益山寺の分岐があり、この先は明るく開けた道に変わります。落ち葉の多い斜面を登ると三角点がある小ピークでした。

画像


画像


画像


少し下ってからやや急な登りが始まります。途中で振り返ると、葛城山も見えていました。なんとか登り切ってもそこが山頂ではなく、まだ道が続いていました。少しがっかりしましたが、あとは緩やかな道がわずかで大きく開けた発端丈山の山頂に到着です。

画像


画像


残念ながら富士山は雲に覆われてしまっていました。しばらく休憩していましたが、上部はずっと雲の中でした。それでも青い海と西伊豆の海岸線、駿河湾の向こうには南アルプスも見えていて、なかなかの展望でした。隣の葛城山も近くに見えていました。

画像


画像


画像


画像


天気予報に反して風もほとんどなく、穏やかな陽気でゆっくり休憩できました。少し先へと進むと淡島も見える絶景地がありますが、富士山がまだ雲の中なので今回はそのまま往路を戻りました。帰りはあまり話もせず、黙々と歩いてきました。

画像


画像


画像


結構汗をかいたし、せっかく伊豆まで来ているので下山後は近くの温泉へと向かいました。修善寺付近の温泉宿は駐車場がほとんどなかったり、日帰り入浴の時間が限られてしまっています。そこで少し離れた所にあるラフォーレ修善寺まで行きました。

画像


画像


ラフォーレ修善寺は丘の上にあり、物凄く広くて驚きました。日帰り入浴は900円で、ロッカーなどは無料でした。お湯は無色透明で、加水、循環、消毒されているのは残念です。源泉が熱いので加水しているようですが、そのせいで温泉成分が薄まってるのかもしれません。それでも入っていると肌がいくらかしっとりしましたし、運動の後なので気持ちよかったです。

温泉でさっぱりした後は沼津港で食事をし、友人夫婦を三島駅まで送ってから帰途に着きました。普段は単独での登山が多いのですが、久し振りに友人達と山に登れて楽しかったです。


城山登山口→(45分)城山→(40分)葛城山分岐→(35分)発端丈山→(80分)城山登山口














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発端丈山とラフォーレ修善寺へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる