まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 車山高原スキー場でスノーシューハイク

<<   作成日時 : 2014/02/02 01:21   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

28日に車山高原へと出掛けてきました。静岡駅で新幹線から特急ふじかわに乗り継ぎ、甲府で特急あずさへと更に乗り継いで茅野駅に着いたのは11時半くらいです。茅野駅から1時間ちょっと掛かってようやく車山高原スキー場に着いたのは午後1時過ぎでした。

予定ではリフトを乗り継いで、車山山頂駅から霧ヶ峰最高点の車山へ登頂し、更に車山肩から湿原脇を通って車山乗越を通ってスキー場へと戻るつもりでした。ですがビジターセンターの方から強風のため第3リフトが止まっていると言われ、片道6時間も掛けてきたのにどうしようかと思いました。

車山肩まで車道を歩くという方法もありましたが、時間に余裕がある訳でもないし、山頂には以前に登ったこともあるので無理することもないと思いました。そこで第1リフトに乗って、遊歩道を歩いてみることにしました。

リフト券は1回500円です。ここはスノーシューの場合、履かずに手に持って乗らないといけません。降りた所にはレストランがありますが、それと反対側に向かってゲレンデを横切ったところがスノーシューハイクのスタート地点です。蓼科山と八ヶ岳の展望が素晴らしいです。少しですがスノーシューのトレースもありました。

画像


ビジターセンターで簡単な地図をもらってきていましたが、ゲレンデに入らないように下っていけばいいのである程度自由にコースが取れます。ゲレンデの反対側は樹林帯の傾斜地なので、行き過ぎて道に迷う心配もありません。(レンゲツツジなどがあるようなので、踏んで傷つけないように注意は必要です。)

画像


画像


ゲレンデ近くは固いところも多いですが、離れると柔らかくてスノーシューでもかなり埋まってしまうことがあります。積雪は大したことはないようでしたが、それでも膝辺りまで沈むことが多かったです。ゲレンデの向こうには南アルプスもよく見えていました。

画像


画像


振り返ると車山の山頂方面が見えています。時折強い風が吹いてきているので、リフトが動かないのはやむを得ないのかなと思いました。風さえ吹いていなければ、あまり寒さは感じませんでした。

画像


緩やかに下っていくと、やがて信濃路自然歩道の道標がありました。つい先程バスで通った白樺湖まで歩いて行けるのだなと思いました。

画像


画像


雪の上に出来る面白い模様などを見たり、南アルプスや八ヶ岳、そして大きな蓼科山の展望を楽しみながら下っていきます。真ん中辺りのコースを取ったせいか、かなり沈んでしまうことが多くて結構疲れました。

画像


画像


画像


画像


行く手にロープと杭みたいなものが見えてきたので、その辺りを目指していきました。するとまたトレースがあり、だいぶ歩きやすくなりました。ロープがあるところからは道が細くなりますが、この辺りは気持ちよく歩けました。

画像


画像


画像


少しすると道標が立つ、峠のような所に着きました。ここからは白樺湖と蓼科山、そして八ヶ岳の展望が素晴らしかったです。

画像


画像


画像


画像


あとはやや急な道をスキー場へと下っていきます。左手の林は白樺が多くて雰囲気がよかったです。早足で降りてきたら3分くらいで着いてしまいました。歩き始めてからちょうど1時間くらいでした。

画像


画像


画像


まだまだ時間はあるし、さすがにまだ歩き足りないのでもう一回リフトに乗りました。今度はゲレンデに近い方のコース取りで歩く事にしました。車山山頂には黒い雲が掛かってきて、相変わらずリフトは動いていません。

画像


画像


今度は先程よりも歩きやすい部分が多く、時間もそれほど掛からなかったです。ただし予定よりもゲレンデ側に寄り過ぎてしまい、ロープのある部分まで斜面を登り返す羽目になりました。最後は遊歩道を外れて雪の斜面を駆け下りましたが、これはあっと言う間ですが楽しかったです。2周目は40分強で戻ってきました。

画像


画像


画像


画像


画像


あとはスノーシューを片付け、行きと同じルートで帰途に着きました。交通費や移動に掛かった時間を考えるとちょっともったいない気もしますが、それでも久し振りにスノーシューで歩いたこと、そして(車山山頂には及ばないものの)展望の素晴らしいコースを歩いてきたことには満足しました。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
車山高原スキー場でスノーシューハイク まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる