まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 常念小屋に泊まってきました

<<   作成日時 : 2014/08/01 10:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

29日は常念小屋に泊まりました。一ノ沢の登山者用駐車場からは約5時間で辿り着きました。小屋は赤い屋根が目立つ大きい小屋でした。屋根の向こうには槍ヶ岳から北穂高岳が見えます。小屋の左手には信州大学の診療所があって安心です。

画像


画像


画像


この日は2時過ぎに受付しましたが、既に多くの人が小屋付近にいました。中学生の団体を含め200人くらいの宿泊者だったそうです。夕方になっても続々とやってくる登山者がいました。混んでいるので2帖に3人と言われていましたが、すぐ横は埋まらなかったのでなんとか1帖分は確保できました。寝具は敷き布団とシュラフで、どちらも清潔なものでした。枕はよく小屋だと小さいものだったりしますが、ごく普通の枕でした。

画像


画像


料金は2食付きで9800円と高いです。素泊まりが6800円と高く、朝食と弁当が1000円、夕食が2000円という風になっていました。缶ビール500円、ペットボトル400円、ホットコーヒー450円などとなっていました。ペットボトルはペプシ、三ツ矢サイダー、お茶などで種類は少なかったです。ハーゲンダッツが400円で買えるのは山小屋ではありがたいと思いました。

画像


夕食は夕方5時、朝食は朝5時からでした。列に並んで、順番に場所を指定されていきます。食堂は広くて槍ヶ岳を望めるテラスもありました。夕食はメインがハンバーグであとは野菜が多いです。ハンバーグはボリュームもあって味もまずまずでした。ごはんはやや柔らかめだったもののごく普通、お味噌汁は味が薄くて美味しくなかったです。朝食は甘露煮と卵焼きなど質素なものでした。山小屋としては普通程度ですが、北アの小屋にしては物足りないと思いました。

画像


画像


画像


あと設備としては宿泊者用の屋外調理場、右奥に乾燥室、入口付近に携帯充電機とインターネット接続しているパソコン(この時は繋がっていませんでした)がありました。トイレはバイオトイレで和式と洋式があります。匂いは少し気になりましたが、小屋のトイレとしてはきれいな方でしょう。あと食堂前にポットがあってお湯を自由に使えるのは便利だと思いました。

画像


画像


画像


画像


人気の小屋だけあって混雑することが多そうですが、その場合は寝る場所や荷物の置き場などが窮屈かもしれません。また宿泊者のあしらいがちょっと雑に感じることもありました。それでも全体的な印象は悪くありませんし、何よりロケーションが素晴らしいと思いました。

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
常念小屋の詳細な案内良く解りました。
私達も2年前、中房温泉から燕岳〜新表銀座の縦走途中に骨折し常念小屋で見知らぬ人から世話になり、翌日なんとか一の沢へ下山、それもタクシー予約の時間より約1時間20分も遅れての下山でしたが、運転所の方が待っていてくれました。 本当に色々な方にお世話になったので忘れられない山行と山小屋です。
う〜さん
2014/08/02 10:45
うーさんさんこんにちは。

縦走中の骨折とは大変でしたね。登山していると親切な方が多く、困った際に助けてもらえることも多いように思います。

またぜひ燕岳や常念岳にもお出かけください。

まるふく
2014/08/04 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
常念小屋に泊まってきました まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる