まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄葉に覆われた甘利山と千頭星山へ Part1

<<   作成日時 : 2014/10/29 14:57   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

24日は紅葉が見たくて、山梨の甘利山へと出掛けてきました。静岡方面からはちょっと遠くて、新東名の新清水ICから身延道、そして中部横断自動車道を白根ICまで利用します。甘利山公園線に入ってからはかなり急な山道ですが、全線舗装されていて意外と走りやすかったです。

登山口の駐車場には予定よりずっと遅れて11時20分頃でした。山に入ってから雲の中でしたが、車を降りると一面に霧が立ちこめていて視界が悪い状態でした。こんな天気だし、出発も遅くなったので千頭星山までは無理かなと思いました。

画像


駐車場脇には簡易トイレが設置されていました。支度を済ませて、まずは甘利山へ向けて出発します。ログハウス風のつつじ苑があり、その左右に道があってどちらも甘利山へ続いています。私は左手の道を登っていきました。

画像


画像


階段状の道を登っていくと、落葉松など周りの木々が色付いています。霧のせいで幻想的な眺めだなと思っていると、少しずつですが青空も見えてきました。やがて分岐があって、左手にあずまやが見えました。立ち寄りませんでしたが、ここには三角点があるようです。

画像


画像


画像


分岐を過ぎて更に登ると、一気に晴れてきました。それほど苦労もなく広場状のところに登りつくと、向こうに丘のような甘利山、その奥に千頭星山方面が見えました。レンゲツツジが多いのですが、期待していた紅葉はすっかり終わってしまっていました。

画像


画像


平坦な木道を進み、あとは緩やかに少し登ると甘利山の山頂です。あまり山頂という感じがしないところですが、周りが開けているので気持ちがいいところです。雲で隠れてしまっていた富士山も見えてきました。

画像


画像


画像


画像


ここまでたいして時間も掛かっていないので、特に休憩せずに奥甘利山へと向かいます。両側に笹が多い道を下っていくと、赤や黄色に色付いた木々が見られました。

画像


画像


画像


画像


画像


鞍部に着くと左に大笹池への分岐がありました。この辺りにもレンゲツツジが多いのですが、紅葉はピークが過ぎていました。奥甘利山へは落葉松の多い道を登っていきます。途中で一輪だけリンドウの花が見られました。

画像


画像


画像


高度が上がっていくと甘利山の右手に富士山が見えてきました。やや急でキツく感じる登りですが、振り返ると雲海の向こうに富士山が見えていました。甘利山など付近の山が黄金色に染まっているのもきれいでした。

画像


画像


画像


やがて傾斜が緩んできて、左手にトラバース気味に進んでいきます。落葉松にサルオガセが絡み付いているのも見られました。すっかり天候が回復して、振り返るときれいな富士山が見えています。

画像


画像


画像


まもなく分岐があって、ここを右手に少し登ると奥甘利山へと着きました。山頂は落葉松に覆われていて、落ち着いた雰囲気でした。富士山の方向は大きく開けていました。賑やかだった甘利山のすぐ隣ですが、人もいなくて静かな山頂でした。

画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄葉に覆われた甘利山と千頭星山へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる