まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 津島神社から岩伏山へ Part2

<<   作成日時 : 2014/11/27 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、奥三河の岩伏山へ登ってきました。津島神社からは1時間弱で山頂に着きました。日が当たって暖かかったです。この日の昼食は天神屋のおにぎりとお惣菜、そしてフリーズドライの豆腐チゲスープです。食後には珈琲も飲んで、気が付いたら1時間くらい山頂でのんびりしていました。

画像


画像


下山は反対方向へと向かいます。最初はやや急な下りで、両脇には笹が生い茂っています。少し下ったところでガサガサと音がして、人かなと思っていたらすぐ前をイノシシが数匹横切っていきました。

画像


画像


傾斜が緩むと道が大きく右に曲がります。植林の中を下っていくと鞍部に着きました。ここには8合目の標識があり、ガイドブックなどで直角に曲がる事が分かっていました。踏み跡もあったので標識のところで右に曲がって下っていきました。

画像


画像


画像


少しすると踏み跡がなくなり、それでも強引に進んでいきました。なかなかはっきりした道に出ないので、さすがにこれはおかしいと思います。戻りながら辺りを見ていると、沢の向こう側に道があるのが見えました。細い流れなので強引に対岸に渡り、登山道へ復帰しました。少し戻ったところに標識が見えたので行ってみると、この辺りが矢作川源流のようでした。(8合目の標識の少し先から曲がればよかったようです。)

画像


画像


あとははっきりした道をゆっくりと下っていきます。壊れかけた小屋や小さい湿原を過ぎ、何度か小さい沢を渡っていきます。

画像


画像


画像


やや急な道を下ると、かなり荒れた感じのところへと出ました。標識によるとかつての東海豪雨の被害だそうです。

画像


画像


画像


そこからほんの少し下ったところに分岐があり、これを上がると洞窟があるようです。30mと書いてあるので行って見ましたが、洞窟らしきものは見つかりません。周囲を探してみると上の方に見える岩に穴が空いているのが見つかりました。これが山姥の洞窟と呼ばれているもののようです。ちょっと怖くて近くまでは行きませんでした。

画像


画像


画像


分岐に戻って少し下ると対岸に小さな観音様が見えました。岩の上に鎮座している様はちょっとかわいらしいと思いました。その先で木の橋で沢を渡ると、あとはほんのわずかで車道へと出ました。

画像


画像


画像


画像


車道を右手に進むと行きに通った道に合流します。登山道に入り、少し下ると獣除けのゲートです。ゲートを抜けて、神社の石段を下ると津島神社前の駐車場に戻ってきました。登り1時間、休憩1時間、下り1時間でちょうど3時間程の登山でした。

画像


画像


画像


画像


帰りは温泉に寄ろうと思っていたので、少し先へと進んで旧稲武町のどんぐりの湯へ行きました。ここは2度目ですが、以前は2階、今回は1階の湯船でした。料金は600円ですが、17時以降だと500円と少し安くなります。

画像


画像


ここは施設がきれいですし、お風呂が広いのがいいです。いくつも湯船がありますが、檜を使った湯船が気持ちいいと思いました。お湯自体はアルカリ性で入っていると肌がしっとりしてきます。この日の変わり湯はリンゴ湯で、これも気持ちよかったです。休憩室も広くて、入浴後にしばらくのんびりしてしまいました。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
津島神社から岩伏山へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる