まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ツツジ咲く釈迦ヶ岳とすずらん群生地へ Part2

<<   作成日時 : 2015/05/29 10:04   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

22日は釈迦ヶ岳へ出掛けてきました。すずらん群生地から府駒山を経て、山頂手前まで来ると大きな富士山が望めました。その先の鞍部から岩混じりの急坂で一気に登ります。ロープがありますが、足場がしっかりしているの特に難しくもなく登っていけます。

画像


画像


画像


傾斜が緩むと細長い山頂の一角に出ました。ツツジが多く咲く中を、奥へと進んでいくと夫婦地蔵がありました。その向こうには御坂山塊越しに大きな富士山が見えていました。笛吹市のものと新旧の山梨百名山の標柱が立っていました。

画像


画像


画像


画像


画像


山頂はほぼ360度の展望で、黒岳、三ツ峠、本社ヶ丸など近くの山はもちろんのこと、南アや奥秩父、八ヶ岳など素晴らしい眺めでした。南アは甲斐駒、北岳から悪沢、赤石、笊までズラッと見えていました。空気の澄んだ日であれば乗鞍なども見えるようです。

画像


画像


画像


画像


画像


展望を楽しみながらゆっくり昼食をとり、帰りは来た道を戻ります。岩場の下りは慎重に通過し、あとはツツジと新緑に癒されながらのんびり歩きます。登り返しもありますがほんのわずかなので、帰りはあまり汗もかかずに登山口まで戻ってきました。

画像


画像


画像


再度すずらん群生地に立ち寄り、遊歩道を一周しました。上の方にはあまりスズランはなく、下の方に多かったように思いました。スズランの他にもイカリソウやフデリンドウなども咲いていました。

画像


画像


画像


画像


下山後は鳥坂峠を越えて、笛吹市のももの里温泉へ立ち寄りました。果樹園に囲まれた所にあって、看板等も直前までなくて分かりにくかったです。料金は市外の人は3時間まで620円でした。地味な感じですが建物自体はきれいでした。

画像


画像


湯船ですが内湯はタイルで木の縁取りがしてあるもの、露天は石造りで半分屋根付きのものでした。男性用は囲いが低くて、果樹園や遠くの山並みもよく見えています。開放感は結構あるのですが、周りから見えてしまっているのではと思いました。お湯はアルカリ性単純泉で、少しすると肌がしっとりしてきました。そんなに濃い温泉ではなかったですが、汗をかいていたこともあって気持ちよかったです。

来た道を戻るとまた鳥坂峠を越えることになるので、中央道の一宮御坂ICから甲府南ICまで行き、あとは国道で精進湖、朝霧高原を経て、新東名と東名で帰りました。



すずらん群生地駐車場→(45分)府駒山→(35分)釈迦ヶ岳→(50分)すずらん群生地駐車場






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツツジ咲く釈迦ヶ岳とすずらん群生地へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる