まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミヤマクロユリ咲く白山へPart1 (別当出合から甚之助避難小屋へ)

<<   作成日時 : 2015/07/20 10:11   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

14日から15日に白山へ登ってきました。13日に金沢のホテルに泊まり、14日早朝のバスで登山口の別当出合に向かいました。金沢からは2時間ちょっと掛かりました。別当出合にはビジターセンターとトイレ、自動販売機がありました。まだ早い時期なので売店はありませんでした。

画像


画像


画像


支度を整えて9時過ぎに出発しました。雲が多くなってきましたが、青空も覗いていて梅雨時には思えない天気です。鳥居をくぐると観光新道と砂防新道の分岐で、ここは直進して最短路の砂防新道へ入ります。最初に長い吊り橋を渡ります。

画像


画像


吊り橋を渡って樹林帯に入ります。最初は緩やかな登りです。センジュガンビやギボウシの花が見られました。まもなく分岐があって登りと下りで道が分かれていました。登りは右手に進みますが、一方通行を守らずに下ってきた人もいました。

画像


画像


画像


画像


ここからやや急な登りとなり、石積みの急斜面も通過します。慎重に登ると下山専用路と合流しました。また傾斜が緩やかになり、少しずつ登っていきます。ササユリが咲いていたり、オオルリのさえずりが聞こえたりしました。

画像


画像


画像


蒸し暑くてかなり汗をかきながら登っていきます。右手前方が開けて、滝が見えてくるとまもなく中飯場に着きました。立派なトイレがあり、その前の広場にはベンチもありました。ここまで約40分といいペースで来ています。

画像


画像


画像


少し休憩してから出発します。まずは石畳状の道を登っていきます。一登りして平坦な所に出ると、外部から種等を持ち込まないようにするマットが敷かれていました。これを通過してさらに登っていきます。

画像


画像


画像


右手が開けたところに出ると、砂防工事の様子を見ながら進みます。この辺りにはタカネナデシコが咲いていました。滝も大きく見えていました。また樹林帯に入って、緩やかに登っていくとニリンソウなど色々と花が見られました。

画像


画像


画像


中飯場から40分くらいで標高1750mの別当覗きに着きました。草が茂っていてよく見えませんが、大きく崩れた様子は伺えました。ここで道が大きく右手に曲がると、オオバキスミレ、ニリンソウ、マイヅルソウ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナなどお花が多く見られました。

画像


画像


画像


画像


画像


周りに笹が多くなり、周りの木々の背丈が低くなってきました。湿ったところが多くなったせいかキヌガサソウやサンカヨウの花が見られるようになりました。更に登るとコイワカガミも見られました。

画像


画像


画像


画像


やがて雪渓の登りが出てきますが、傾斜が緩いので特に問題なく通過できました。ここからわずかに登るとようやく甚之助避難小屋に到着です。小屋はかなり立派な造りで、きれいなトイレや水道もありました。小屋前のベンチでは多くの人が休んでいました。ちょっと早いですがここで昼食を食べて、しばらく休憩しました。

画像


画像


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミヤマクロユリ咲く白山へPart1 (別当出合から甚之助避難小屋へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる