まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミヤマクロユリ咲く白山へPart2 (甚之助避難小屋から室堂平へ)

<<   作成日時 : 2015/07/21 11:20   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

14日は白山に登りました。別当出合から2時間20分程で甚之助避難小屋へ着きました。暑くてかなり疲労してきたので、ここでしばらく休憩しました。ここから室堂へはあと2.3kmです。

画像


小屋から少し登ったところにもベンチや水道があり、小屋前が混んでいたらこちらでも休憩できます。緩やかに登っていくと、カラマツソウ、ミヤマキンポウゲ、アカモノ、ヨツバシオガマ、コイワカガミなど次々のお花が見られるようになりました。

画像


画像


画像


南竜分岐を過ぎてやや急な登りになってくると、コイワカガミの群落がありました。少し傾斜が緩むと、好きな花の1つであるキバナノコマノツメもまとまって見られました。次第にガスが出てきてしまい、少し肌寒く感じるようになりました。

画像


画像


画像


画像


ややトラバース気味に進むようになると、お花畑状のところを通っていきます。コバイケイソウやマルバダケブキ、沢沿いにはリュウキンカも見られました。そして見事なコイワカガミもありました。

画像


画像


画像


画像


やがて雪渓が目の前に現れました。結構傾斜があるし、高度感もありました。踏み跡もあるし、やや柔らかいので問題なく登っていけましたが、かなり薄くなっているところもありました。

画像


画像


あとはかなり急な道を黒ボコ岩まで一気に登っていきます。一面お花畑になっていて、ミヤマダイコンソウ、ミヤマダイモンジソウ、ヨツバシオガマ、イブキトラノオ、ハクサンフウロ、コバイケイソウなど数多くのお花が見られました。

画像


画像


画像


画像


画像


かなり登ったところに白山延命水という水場がありました。ポツポツとしか落ちてきていませんが、冷たくて美味しい水でした。あとはもうひと頑張りで黒ボコ岩に辿りつきました。ガスに巻かれてしまい、風も出て来たのでかなり寒かったです。ここまでTシャツ姿でしたが、ゴアのレインウェアを上だけ着ました。

画像


画像


画像


足が痛くなってきていたので、ゆっくりと室堂平へ向かいます。しばらくは木道の平坦な道を進みます。御前峰が見えるところのようですが、一面ガスの中で何も見えません。やがて五葉坂という最後の登りとなりますが、バテバテで膝やふくろはぎも痛くなっていたので、休み休み登りました。同じようにきつそうな方もいて、お互い苦笑いしてしまいました。かなり時間が掛かりましたが、なんとか室堂の建物が見えた時にはほっとしました。

画像


画像


画像


ビジターセンターで宿泊の受付をして、自分の割当スペースでしばらくのんびりしました。かなり寒くて、夕方にはビジターセンターのストーブに当たっていました。携帯はドコモしか繋がらないらしく、職場と自宅には公衆電話から連絡をいれました。

画像


室堂平には14時過ぎに着いたので、夕食前に御前峰に登ってこようかとも思っていました。しかし天気が悪いし、寒いし、足も痛いので翌日に登頂することにしました。付近を散策してみるとハクサンコザクラやミヤマクロユリが沢山咲いていました。

画像


画像















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミヤマクロユリ咲く白山へPart2 (甚之助避難小屋から室堂平へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる