まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 田峯観音から笹頭山へ

<<   作成日時 : 2016/01/27 13:12   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

22日に奥三河の笹頭山へ行ってきました。新東名の浜松いなさICを降り、国道257号線で設楽町に入ってすぐ、道標に従い左手の細い道に入ります。やや急な道が続きますが、それほど掛からずに田峯観音の駐車場に着きました。路面の凍結を心配していましたが、ここまでは問題ありませんでした。

画像


駐車場はかなり広く、奥の方にはきれいなトイレもありました。まず茶屋に立ち寄り、名物だという五平餅(340円)を食べました。焼きたてで美味しいのですが、味が単調だし、大きくて途中で正直なところ飽きてしまいました。

画像


画像


今回あまり情報がなく、山と渓谷社の「愛知県の山」を見ながら歩き始めます。しかし文章からも地図を見ても最初にどう行ったらいいのかすら分かりません。駐車場に付近の案内板もありましたが、これも分かりにくかったです。

駐車場へ登ってくる道を戻り、右手の道(奥の方)へと歩き始めます。すぐに右と左に分岐もありますが、真ん中の道を進みます。緩やかに右の方へ登っていくと、まもなく目印の乳母神様があってほっとしました。

画像


画像


画像


薄暗い車道を歩いていくと、駐車場から15分ちょっとで分岐がありました。標識に従って右手の林道を下っていきます。周りに雪が少し見られ、道路には凍結箇所もありました。

画像


画像


やがて右手が開けたところを通ります。棚田の向こうには奥三河の山並みが見えていました。大きく左に曲がる道を見送って進むと。鞍掛山の姿がよく見えるところもありました。

画像


画像


小さな集落を過ぎて進むと、しばらく下りぎみに進みます。笹頭山登山口の道標があって、左に曲がるというので気を付けていたのですが、それらしい分岐がないし、下っていくのはおかしいと思います。ガイドブックの地図が実際とかなり違うようにも思いました。携帯のGPSを使ってみるとやはり行き過ぎてるようなので、不安ながら来た道を戻ります。

そういえば大きく左手に曲がる道があったなと思い出して、そこまで戻ってみると笹頭山登山口の標識がありました。小さいし、倒れていたので行きには気付きませんでした。15分くらいのタイムロスでしたが、不安な気持ちだったのでかなり長く感じました。(「愛知県の山」では田峯観音駐車場から登山口分岐まで1時間となっていますが、私がゆっくり歩いたタイムでわずか20分でした。)

画像


画像


画像


林道を登っていくとのどかな山村の光景が広がります。更に登るとドコモの中継所がありました。林道はやや急ですが、道幅もしっかりあるし舗装状況もいい道でした。やがて雪が多くなり、凍結箇所も多かったです。

画像


画像


画像


展望もあまりない林道歩きですが、雪が薄ら積もったところに色々な動物の足跡が見られました。何の動物だろうと考えながら歩いていると、やがて舗装路終点に着きました。

画像


画像


画像


ここでも登山口入口が見つからずにちょっと困ります。終点から少し奥へ入ってみると左側にそれらしい入口を見つけましたが、立っていた標識は登山口を示すものではありませんでした。それでもここで間違いないと思い、山道へ入りました。植林の中をジグザグに登っていきます。

画像


画像


画像


いくらか登ったところで右手に大きく曲がり、ここから非常に急な直登りが続いています。途中には手書きのあと30分という標識もありました。更に急な登りが続きますが、雪は少し見られる程度で凍結箇所がなかったのは助かりました。

画像


画像


画像


周りに笹が見られるようになると、まもなく傾斜が緩みます。あまりはっきりしていませんが、手前の小ピークを越えたようでした。山頂まで200m(10分)の標識もありました。この辺りからはずっと雪道でしたが、せいぜい1cm程度の積雪でした。

画像


画像


画像


緩やかで気持ちのいい道を進むと、山頂への最後の登りがあります。樹林越しに南アらしい白い頂も見えていましたし、雰囲気がなかなかいいところでした。短いものの急で滑りやすい坂を上ると山頂です。とても静かな雰囲気だと思いました。

画像


画像


画像


山頂には標識やベンチ等はありませんが、三角点は置かれていました。木立に囲まれていてあまり展望はないのですが、東側が少し切り開かれていて岩古屋山や大鈴山方面が見えていました。 その奥には南アも見えていました。

画像


画像


画像


画像


風が時折吹いてくると非常に寒く、とてもゆっくりできるような感じではありませんでした。足が少し痛かったのですが、あまり休憩もせずに下山する事にします。下りは注意しなくてはと思った矢先に、下り始めのところで滑って尻餅をついてしまいました。幸い怪我もなかったのですが、その後は更に慎重に歩きました。それでも下りは楽で、あまり時間も掛からずに林道へ降り立ちました。

画像


画像


画像


あとはゆっくりと林道歩きで田峯観音に戻ります。行きと違って気持ち的にも楽な感じでしたが、滑りやすい急坂があったせいもあって、かなり足が痛くなってしまいました。

画像


画像



画像


帰る前に田峯観音に立ち寄りました。田楽歌舞伎が有名なのだそうで、舞台も作られていました。あと近くにある田峯城にも寄ってみようかと思いましたが、途中の道が凍結していました。迷いましたが無理することもないと考えて、今回は止めておきました。あとは行きと同じコースにて帰途につきました。

画像


画像


画像


画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田峯観音から笹頭山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる