まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 山と渓谷1月号の好きな山2016

<<   作成日時 : 2016/02/04 23:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

もう2月号が出ていますが、先日山と渓谷の1月号を購入しました。私の好きな山アンケート結果が特集されていたので興味があったのですが、Amazonでkindle版が99円と期間限定で特価になっていたので、久し振りに購入してみました。

特集の読者1000人が選ぶわたしの好きな「山」2016ですが、前回調査から8年振りなのだそうです。前回は私も回答に参加しており、ブログ記事も書いていました。

http://marufuku.at.webry.info/200712/article_12.html  ←前回記事はこちら

ランキングのうちTOP50は以下のようになっていました。

1位穂高岳、2位槍ヶ岳、3位剱岳、4位白馬岳、5位北岳、6位富士山、7位燕岳、8位八ヶ岳、9位谷川岳、10位甲斐駒ヶ岳

11位立山、12位鳥海山、13位黒部五郎岳、14位白山、15位久住山、16位高尾山、17位トムラウシ、18位鹿島槍ヶ岳、19位唐松岳、20位大雪山

21位鷲羽岳、仙丈ヶ岳、23位飯豊本山、24位笠ヶ岳、25位日光白根山、塔ヶ岳、27位薬師岳、28位常念岳、赤石岳、30位大朝日岳、那須岳、木曽駒ヶ岳、33位至仏山、蝶ヶ岳、35位御嶽山、六甲山、37位浅間山、38位鳳凰山、39位筑波山、蛭ヶ岳、41位水晶岳、双六岳、44位五竜岳、乗鞍岳、46位御在所岳、剣山、48位燧ヶ岳、宮之浦岳、50位金峰山

やはり百名山が大半を占め、三百名山にも入っていないのは高尾山、蝶ヶ岳、双六岳のみでした。山域別では北アルプスの山が上位を占め、残りも関東甲信越の山が多かったです。北海道は2、東北4と前回から減っています。西日本の山はかなり少なく、関西1、中国1、四国1、九州2でした。地域的にはかなり偏りがあったように思います。

前回との比較では登りやすい山が順位を上げており、逆に歩行時間の長い山の順位は下がっているようです。高尾山や六甲山など都市近郊の山や、アルプスでも入門向けと言われる燕岳、唐松岳や鳳凰山、ロープウェイがある谷川岳、那須岳や御在所岳がランクアップしています。逆に利尻岳、悪沢岳、空木岳がランク外へ落ち、飯豊本山や宮之浦岳がランクを落としています。

北ア人気は当然だと思いますが、それでも燕岳の7位は凄いし、黒部五郎岳や鷲羽岳など知名度でやや落ちるかなと思う山が上位に入っているのは驚きます。こういうのは山渓のアンケートならではなのでしょうか。

私はTOP10の山には全て登っています。TOP30でも23山、TOP50では38山と数多く登っていました。それぞれ思い入れもありますが、ランク内の山では鹿島槍ヶ岳、双六岳、五竜岳が特に好きな山です。

ちょっと残念だなと思ったのは、奥秩父から選出されているのが50位の金峰山のみだったことです。甲武信岳、瑞牆山、雲取山がランク外ですし、金峰山の50位(わずか10票)も低すぎるように思います。また西日本最高峰の石鎚山もランク外に落ちてしまっていました。

私の住む静岡県の山で選ばれたのは富士山、赤石岳の2山のみでした。それでも票を集めた地方の名山というところで、わずか1票ですが満観峰にも票が入ったことが紹介されていました。

ここ数年はあまり山と渓谷は読まなくなりましたが、この特集は興味深かったです。8年後と言わずに定期的に行ってみてもいいのではないでしょうか。次回があれば、私も投票してみようかなと思います。
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山と渓谷1月号の好きな山2016 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる