まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅からハイキング〜飯能駅から多峯主山へPart1

<<   作成日時 : 2016/03/10 12:15   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

5日は東京の練馬区役所へ用事があり、せっかくなので久し振りに関東の山に登ることにしました。軽装備でも大丈夫で、行程の楽な山として高尾山や日和田山なども考えていましたが、練馬から行きやすく、変化に富んだコースということで天覧山と多峯主山へ出掛けました。

西武池袋線の飯能駅で下車し、北口から歩き始めます。駅前の通りを少し進んでから、左手の商店街に入ります。駅の賑やかさとは違ってかなり寂れた感じもありますが、古いお店やちょっと変わったお店もあり、退屈せずに歩いていきました。ヤマノススメという登山アニメの舞台となっていることもあり、そのキャラクターの看板やポスターなども見られました。

画像


画像


画像


商店街を抜けて車の多い大通りに出て、少し歩くと突き当たりが十字路になっています。ここを右に曲がって道路の向かい側に観音寺があって境内に入ります。なぜか白い象があるのですが、ここにもヤマノススメの看板がありました。

画像


画像


画像


画像


境内裏手の墓地を抜けて進み、少し下ってから登り返していくと飯能恵比寿神社があります。その先には飯能市郷土館と市民会館があり、天覧山や多峯主山を示す道標もありました。この辺りからは天覧山の小さいながらも存在感ある山容がよく見えていました。

画像


画像


画像


画像


市民会館脇の道を進むと突き当たりに能仁寺があります。コースはお寺の右脇から登っていくようになっていますが、先を急ぐ訳でもないのでお寺を見ていくことにしました。入口の門には見事な仁王像がありました。

画像


画像


画像


本堂はなかなか立派なのですが、手前になぜかコロナ像があって少し違和感がありました。本堂手前に道標があり、これに従って桜並木を通って天覧山へ向かいます。桜はもう少しで満開かなという感じでした。

画像


画像


画像


画像


平坦な道を進むとまもなく天覧山登山口に着きました。このコースは奥武蔵自然歩道となっているようです。天覧山の案内板もあり、かつては愛宕山とか羅漢山と呼ばれていたが、明治天皇がここで軍事演習を見るために登り、その際にいい景色だと述べたことが山名の由来だと書かれていました。しばらくは舗装された道を緩やかに登ります。

画像


画像


画像


まもなく広場に出ますが、ここが天覧山中段と呼ばれています。トイレがあるのがありがたいです。標識の近くで高麗峠方面の分岐があります。天覧山へ向かうとすぐ道が分かれますが、左手に進むと露岩が多い道となり、羅漢像が沢山見られます。

画像


画像


画像


画像


道はかなり急な登りとなりますが、見晴らしもよく気持ちのいい道です。ここまで散歩気分だったのが、いくらか登山の気分になってきます。それほど長い登りでなく、まもなく山頂に到着しました。

画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅からハイキング〜飯能駅から多峯主山へPart1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる