まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡鉄道長沼駅から谷津山へ

<<   作成日時 : 2017/01/13 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

10日は2017年の初歩きとして静岡市中心部にある谷津山へ出掛けてきました。山と言うより丘と言った感じの所ですが、まだ風邪気味でもあり、気軽に歩けて下山後に買い物してくる予定で選びました。

東海道線の静岡駅から徒歩数分で静岡セノバに着きますが、その奥に静岡鉄道の新静岡駅がありました。静岡に引っ越してきて7年を過ぎましたが、静岡鉄道に乗るのは初めてです。長沼駅まではほんのわずかでした。よく晴れた日で、駅からも大きな富士山が見えていました。

画像


画像


改札を出てすぐに踏切を渡ります。左手にはバンダイの大きな建物があります。そのまま進んでいくと愛宕ゴルフガーデンとセブンイレブンがある大きな交差点があって、ここは左折してしばらく進みます。突き当たったところ左手の道へ進むと、すぐに谷津山の登山口がありました。大きな案内板があるので見過ごすようなことはないと思います。

画像


画像


画像


整備された道を登っていくと、すぐに鳥居をくぐります。ジョウビタキやモズなどの声も聞きながら、擬木の階段状の道で竹林の中を登っていきます。樹林越しに富士山もわずかに見えていました。やがて照葉樹が多くなると平坦な道となりました。

画像


画像


画像


まもなく石段に突き当たり、これを登ると愛宕神社です。かなり古くからある神社だそうですが、1999年に社殿が消失し、それを再建したものだそうです。お参りした後で石段を下ると、社務所とその背後には広場がありました。

画像


画像


画像


参道をそのまま下っていくと、やがて分岐があり谷津山へは大きく左手に曲がって進みます。道標もありますし、しずおか信金が設置している分かりやすいハイキングの案内板もありました。とにかくコースが豊富で、分岐が多いので、間違えないように注意が必要です。

画像


画像


画像


少し進んだ所にたまねぎ石というのがありました。やつやま友の会設置の案内板がありましたが、風化を受ける際に表面と内側で膨張率が異なる為にひずみが生じてできたのだそうです。確かにたまねぎみたいで面白いと思いました。

画像


画像


少し下ると峠のような所を通過します。緩やかに登っていくと七面山観音堂跡の分岐があり、立て看板に10mと書いてあったので寄り道してみました。しかし取り立てて何もなく、名もない小ピークのような感じでした。

画像


画像


元の道に戻って先へと進んでいきます。あずまやを過ぎて更に進むと分岐がありました。新しい道標では右が郷土の森で左がピクニック広場となっています。自然公園みたいな山ではよくあることですが、どちらが山頂に向かうのか判りにくい表記です。幸い消えかかってはいますが、もう一つの道標には左手が谷津山となっていました。ここは右手に進み、すぐ右手の道に入ってライオン砦に立ち寄りました。

画像


画像


画像


ライオンの形みたいな砦に登ってみると、低山とは思えないような素晴らしい展望でした。富士山が大きく見えるのはもちろんのこと、その右手には愛鷹山と箱根の山並み、左手には高山と竜爪山、そして南ア南部の山々も見えていました。明るく開けた広場が気持ちいいので、ベンチで少し休憩しました。紛らわしいのですが、この広場は郷土の森ピクニック広場と言うようです。

画像


画像


画像


画像


分岐まで戻り、今度はもう一つのピクニック広場へと向かいます。少し下っていくと、金網沿いの急な下りとなりました。左手に水道施設を見て回りこんでいくと、護国神社へ下る道もありました。ここは道標の清水山公園方面の道を進みます。

画像


画像


画像


画像


少し下ってから、緩やかに登っていくと右手が大きく開けたピクニック広場に出ました。広場の一角からは富士山の頭が見られましたが、郷土の森ピクニック広場の展望には遠く及びません。広場を過ぎてすぐ南側が大きく開けたところがあり、ここからは日本平がよく見えていました。

画像


画像


画像


また階段状の登り道となり、柑橘類の鳴っている横を登っていきます。ややキツイ登りですが、振り返るとちょうど頑張っているご褒美のようにきれいな富士山が見えていました。周りの樹林がなくなると、まもなく谷津山の山頂です。この辺りは古墳だったところで、確かに古墳みたいな形だなと思いました。

画像


画像


画像


画像


木立に囲まれた最高点付近から少し下ると、また明るく開けた広場がありました。三等三角点やベンチがあり、ここからは大きな竜爪山とその左手の南アルプスがよく見えていました。ライオン砦の展望には及びませんが、南アルプスはこちらの方がよかったと思います。

画像


画像


画像


少し休憩したら最後の目的地である清水山公園へと向かいます。しばらく下っていくと木の切り株にペイントした顔があり、とても微笑ましい感じがしました。更に下っていくと広い公園のような所につきましたが、ここにも古墳があったようです。

画像


画像


画像


ここから下る道がいくつもあって分かりにくいのですが、これまで来た道と反対側へ進むと、下の方に公園の滝やお寺が見えてきます。右手に公園を見下ろしながら、舗装されたきれいな道を下ると清水寺(きよみずでら)に着きました。徳川家康も度々訪れたというお寺に参拝し、あとはほんのわずかの歩きで静岡鉄道音羽町駅です。

画像


画像


画像


画像


あとは電車で新静岡駅まで戻り、静岡で少し買い物してから帰途につきました。


長沼駅→(15分)愛宕神社→(20分)ライオン砦→(20分)谷津山→(25分)音羽町駅



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡鉄道長沼駅から谷津山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる