まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 和田小屋から苗場山へPart3

<<   作成日時 : 2017/08/19 10:46   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

7日は苗場山に登りました。朝は青空が広がっていましたが、苗場山山頂ではガスに覆われ、風もかなり強くなっていました。三角点のある山頂は広場になっていますが、以前は遊仙閣という山小屋があったそうです。ここは湿原ではなく樹林に囲まれた空間です。一角にはゼンテイカがきれいに咲いていました。

画像


画像


画像


山頂から苗場山頂ヒュッテへは1分くらいです。秋山郷観光協会の運営で、苗場山自然体験交流センターという名前でもあるのですが、何か特別な施設があるわけでもなく、ごく普通の山小屋です。原則予約が必要で、予約なしだと料金が高くなります。

画像


画像


画像


小屋へ入って受付をし、1泊2食の料金8800円を支払います。ここで小屋の方から今日は40人くらい予約が入ってたけど、みんなキャンセルになったんだよと聞きました。明日帰れるのかねと心配もされていました。この時は午後2時で、それほど荒れた天気ではなかったのですが、話を聞いてちょっと不安になりました。

画像


画像


他に誰もいないのでどこでも好きなところを使っていいよと言われ、奥の方で陣取りました。小屋はログハウス超で、寝室部分は2階建でした。寝具は敷布団と毛布が積まれていました。ちょっと湿っぽい感じでしたが、止むを得ないのかと思いました。

画像


画像


天候によっては付近の散策をしようと思っていましたが、外に出るような雰囲気ではありません。幸い、食堂にテレビがあったので台風情報をしばらく見ていました。コンロは食堂のテーブルで使っていいそうで、お湯を沸かしてコーヒーを飲みました。

画像


画像


夕食は基本カレーらしいのですが、一人しか客がいないせいかなかなかの食事が出てきました。ジャガイモと玉ねぎのお味噌汁、よく炊けているおいしいご飯と、鶏肉と長ネギの炒め物(塩味)、焼きナス、ツナ、新鮮なトマトなどでかなり美味しかったです。

画像


夕方以降、かなり風雨が強くなり、夜は大荒れの天気でした。前日ほとんど寝ていないし、かなり疲労も溜まっていたので夜9時前には寝てしまいました。起きたのは5時半くらいでしたが、まだまだ荒れた天気ですが、昨夜よりはましになっている様子でした。朝食は6時からで、玉ねぎとキャベツのお味噌汁とハムエッグなど質素なものですが、味はまずまずでした。

画像


台風の進路によっては遅い出発にしようかとも思っていたのですが、台風の速度が遅いようでしたし、時間に余裕があった方がいいので早めに出発することにします。きれいなバイオトイレで用を足し、雨具を着込んで朝7時40分くらいには小屋を出ました。

画像


画像


雨が強かったのでカメラはザックに閉まってしまい、下山時の写真はありません。台風接近とは言えそれほど風雨の影響もなく、暴風雨の中で北岳山荘から間ノ岳を往復した時に比べたら何でもないなと思っていました。

神楽ヶ峰への登り返しはかなりきつかったですが、本当に大変だったのは楽なはずの下り道でした。岩混じりの急な下り坂が沢のようになっていて、ほとんど沢下りしているような感じでした。あと同じような樹林帯の道が続いて、その単調さもキツく感じました。和田小屋前まで辿り着いた時には本当にほっとしました。あとは車道を下って駐車場へ戻ってきましたが、登山道入口を見ると完全に川になっていて、歩くのは無理な状態でした。

林道の走行も心配でしたが、所々で冠水していたものの問題無く走行できました。ただし駐車場から少し走ったところに橋があるのですが、沢がかなり増水していて、午後だったら渡れなかったかもしれなかったです。なんとか国道に出て道の駅へ行き、その後は貝掛温泉で入浴してから帰途に着きました。


和田小屋下駐車場→(20分)和田小屋→(70分)下の芝→(40分)中の芝→(12分)上の芝→(25分)神楽ヶ峰→(20分)雷清水→(60分)苗場山→(1分)苗場山山頂ヒュッテ(泊)→(50分)神楽ヶ峰→(50分)下の芝→(55分)和田小屋下駐車場




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに仰るようにかつては新潟県の「遊仙閣」という山小屋があり、高波氏という名物管理人がいました。
現在の山頂宿泊所は長野県の栄村の観光の公社のような処の管理で、麓の観光協会へ宿泊を予約するのですね。
新潟からだと日帰りが多いのですが、たまにはゆっくり山頂で泊まるのも良いですよね。
2014年に会山行で小松原湿原への縦走をしてその時に泊まりました。
のりこ
2017/08/19 20:48
のりこ様コメントありがとうございます。
遊仙閣に泊まろうと思っていたのですが、直前に調べた際に小屋がなくなったことを知りました。
苗場山頂ヒュッテで伺った話では、若い人は日帰りが多くて、中高年は小屋泊まりが多いそうです。
私はもう若くもないので、苗場山日帰りは厳しいなあと思いました。
まるふく
2017/08/21 00:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
和田小屋から苗場山へPart3 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる