まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠神社から六枚屏風へ

<<   作成日時 : 2017/09/28 19:52   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

8月半ばから仕事が忙しく、また人手不足で規定の休日が取れていません。少ない休日もちょうど雨だったりして、二ヶ月近く山に行けていませんでした。せめて今月中に一回位はと思い、昨日は掛川市の小笠山へ登ってきました。

昨日は午後から雨の予報だったので、小笠神社下の駐車場を出発したのは朝8時前と早かったです。9月も終わりだというのに、ミンミンゼミとツクツクボウシの鳴き声がうるさいくらいです。メジロの鳴き声も聞こえていました。

画像


画像


照葉樹林の道を少し進むと簡易舗装の道となり、まもなく神社下の階段が始まります。短いですがきつい階段を上り詰めると小笠神社です。南側が大きく開けていますが、遠州灘はぼんやりとしていました。東側も少し見えますが富士山は見えていませんでした。

画像


画像


画像


神社の社務所脇を奥へ進むと参道らしい雰囲気です。階段状の道を登ると小笠山砦がありました。曲輪のようなものも見られました。その先にあずまや分岐があり、さらに進むと多聞神社です。

画像


画像


画像


多聞神社のすぐ先は十字路となっていて、この辺りに大きなアカガシの木があります。数年前にはなかった案内板があり、山頂へは右手の道に入ります。山頂まではほんのわずかですが、この辺りは雰囲気のいいところだと思います。

画像


画像


画像


特に急な登りも無く山頂に着きました。木立に囲まれた山頂はほとんど展望がありません。三角点と小さな手作りの山名板がいくつかあるだけです。

画像


画像


これで戻ってしまうと楽すぎるので、今回は板沢コースに入って六枚屏風へと向かいました。山頂のすぐ手前の分岐から少し下ると、板沢方面と六枚屏風を示す道標があります。ここを右手に進むと、まもなく滑りやすいトラバースがあります。慎重に通過し、あとは少しずつ高度を下げていきます。

画像


画像


画像


ロープの張られた斜面を下ると、六枚屏風への分岐があります。以前はあまりその存在が知られていなかったようですが、最近では結構訪れる人も増えているようです。細くて滑りやすい道を慎重に下ると、数分で六枚屏風の前に出ました。

画像


画像


画像


離れてみるとわずかな隙間のようですが、中に入ってみると案外幅があるものです。二人並ぶのは無理ですが、一人なら問題無く奥へと歩いて行けました。入り口から40〜50mくらい行くとほぼ直角に曲がって、そこから30〜40くらいで行き止まりです。屏風の中から空を見上げたり、外側を見ていると何か不思議な感じです。

画像


画像


画像


画像


外に出たら慎重に分岐まで戻り、あとは山頂まで登り返します。今度は少し奥まで行ってみると、掛川市外と粟ヶ岳など近くの山並みが見えていました。あとは小笠神社を経て駐車場まで戻りました。

画像


画像


画像



小笠神社下駐車場→(7分)小笠神社→(10分)小笠山→(12分)六枚屏風→(15分)小笠山→(15分)小笠神社下駐車場


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小笠神社から六枚屏風へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる