まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS テントを持って雲取山へ Part1(鴨沢から奥多摩小屋へ)

<<   作成日時 : 2007/10/06 05:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

10月3日から4日にかけてテント泊にて奥多摩の雲取山へ出掛けてきました。

初日の行程はさほど長くないので家をゆっくり出ます。奥多摩駅に着いたのは10時半頃ですが、雨が降っていて嫌になりました。もう帰ろうかとも思いましたが、気を取り直してバスに乗りました。

鴨沢バス停に下りたのは11時20分くらいでした。公衆トイレがあるくらいで、お店や自動販売機などはありません。最初は集落の中の急坂を登っていきます。標識に従って歩いていくと10分くらいで登山道に入ります。

画像


画像


薄暗い植林から、いくらか開けたところに変わり、また樹林帯を少し登ると車道に出ます。車ならこのあたりに駐車できます。車道を左手に登っていくとまた登山道へと入ります。

画像


道はおおむね植林の中の薄暗い道で、あまり急なところはありません。ところどころにきれいな自然林の部分もあります。先日の台風の影響なのか倒木も結構ありますが、歩くのに支障があるところは特にありません。

画像


画像


人家跡と畑がいきなり山の中に出てきます。ここを通るのは二度目ですが、なぜこんなところにと不思議な思いがします。更に進むと水場がありますが、残念ながらほとんど涸れていました。

雨こそほとんど降っていませんが、雲が多くてまわりの展望はほとんどありません。時々ガスが湧いてきて、視界も怪しくなってきたりします。

画像


歩きやすく、比較的楽な道が続きますが、天気も悪いし、単調な道が続くのでモチベーションがあがりません。荷物も重いのであまり楽しくなく、黙々と歩いていきます。あまりペースがあがらず、堂所と呼ばれるちょっと広くなった所まで2時間20分も掛かってしまいました。

画像


この先は山深い雰囲気のところが多くなってきます。きつい登りも多くなり、重い荷物を持ったせいもあってガクッとペースが落ちました。バテバテになりながらなんとか登っていくと、ようやく七ツ石小屋下の分岐に辿り着きました。

2年前に来た時には小屋を経由して、七ツ石山の山頂にも立ちました。今回余裕があればそうするつもりでしたが、天気も悪いし、体力の余裕もないので、最短路のブナ坂方面へ向かうことにします。

画像


このルートは巻き道に近いものなので、傾斜もあまりなく楽に歩けるようになりました。沢を2つ渡ってしばらく進むと、やや傾斜が出てきて、登り切ったあたりに分岐があります。道標はありませんが、右に大きく曲がるはっきりした道を進んでいくとやがて主稜線へと合流しました。

画像


画像


画像


石尾根縦走路に出たところは十字路となっています。ここの道標に前日の10月2日の日付が入った「日原方面通行止め」の札が掛かっていました。

画像


左の雲取山方面へ向かうと、防火帯が切られた明るい道が続きます。残念ながら展望はほとんどありません。左手は落葉松が多いのですが、まだ黄葉には早いようでした。途中で鹿を見かけましたが、近づくと逃げてしまいました。

画像


画像


主稜線に出てから20分ちょっとで広場状のところへ出ました。ここはヘリポートとなっていて、そのすぐ先が奥多摩小屋のテン場となっています。あとはほんのわずかの道のりで奥多摩小屋へと到着です。鴨沢から休憩含めて4時間弱とちょっと遅かったのですが、重い荷物で標高差1200mを登ってきたのだから、自分としてはまずまずかなと思いました。

画像


画像


奥多摩小屋は昔ながらの山小屋といった雰囲気です。中に入って幕営料金(400円)とビール(アサヒのスーパードライで500円)の代金を支払います。この日テントを張ったのは私一人、小屋には3人くらい泊まったようです。

テン場はよく整地されていて、南側は展望もいいらしいです。ガスがひどくて展望はありませんが、設営時にはほんの小雨程度だったので助かりました。テント内に落ち着くとさすがにほっとしました。

トイレは小屋のそばにあり、テン場からは2,3分掛かります。これも昔ながらの山小屋のトイレですが、そんなに不潔な印象ではありませんでした。水場は少し下ったところにあり、往復すると5分くらいは掛かりますが、なかなかおいしい水が豊富に出ていました。

日中は日差しはないものの暑いくらいでしたが、夕方になると一気に冷え込んできました。いくらか誤差があると思いますが、暗くなった頃には5度くらいでした。

食料は多めに用意してきていましたが、あまりお腹も空いていないので、お昼に食べなかったおにぎり1つとカップラーメンで済ませ、ビールを飲んで早めに寝てしまいました。

この時点では翌日天気がよくなるとは考えられず、雲取まで行かずに鴨沢にさっさと下ろうとか、それじゃあんまりだから七ツ石山だけは登るかなどと考えていました。まさかこの後で奇跡が起きるとは思いもしませんでした。


人気blogランキングへ











































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
私もテントもってまずは雲取行きたいな〜と
思ってます。でも鴨沢からのだらだら登りは
つらそうです。。。(私は下りに使いました)
でも翌日の奇跡のあの景色!
行ってよかったですね〜〜!

*鴨沢は少し奥多摩駅方面に歩くと小さな売店
があって自販機もありますよー。
mimi
2007/10/06 07:35
mimiさん こんにちは。

雲取はテン泊にいい山ですね。雲取山荘のテン場と比べると、こちらの方がロケーションはずっと上でした。トイレがきれいだともっといいのですが。

鴨沢からの道はあまり好きでないのですが、他のルートよりずっと楽ですね。日原からは相当きつい道だし、三峰ルートもかなり長く感じました。

鴨沢にお店があったのは気付きませんでした。情報ありがとうございます。
まるふく
2007/10/06 14:54
はじめまして!
今年の夏に、初めてのテント泊(単独)を雲取山荘で行いました。
天候は、雨のち晴れのち曇り、夜は大雨でしたが感じたことは自然に包まれているなーって事でしょうか!
次回は、奥多摩小屋でテント泊します。
テント泊最高ですー!
わがまま中高年
2009/10/14 09:00
わがまま中高年さん こんにちは。コメントありがとうございます。

雲取山荘は小屋に泊まったことはあります。

テント場は奥多摩小屋の方がロケーションはいいですよ。ぜひこちらにも行ってみて下さい。
まるふく
2009/10/15 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
テントを持って雲取山へ Part1(鴨沢から奥多摩小屋へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる