まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS テントを持って雲取山へ Part2(奥多摩小屋から雲取山へ)

<<   作成日時 : 2007/10/08 03:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

10月3日から4日にかけてテント泊にて奥多摩の雲取山に出掛けてきました。

3日は天気が悪いので早めに寝てしまいました。夜中に目を覚ますとなぜか外がちょっと明るいのです。外を見ると月が出ていて、良く見ると星も見えています。テントの外へ出てみると雲はほとんどありません。月が明るいのでそんなに星は見えませんが、晴れるという期待は全くなかったので驚きました。

しばらく本を読んだり、ゲームしたりしていましたが、いつのまにかまた寝てしまいます。5時頃に目を覚ますと、外が少しずつ明るくなってきていました。昨日は気が付きませんでしたが、テントから富士山が大きく見えていました。

画像


いい天気のようなのでカメラを持って付近を散歩します。今回荷物が多いし、天気も悪いようだったので一眼レフを持ってきませんでしたが、こんな光景が見られるなら無理してでも持ってくればよかったです。

富士山はとても大きく見えています。手前左のきれいな三角形の山は雁ヶ腹摺山、手前右手方面は大菩薩の山並みで、一番高くて目立つピークが大菩薩嶺のようです。

画像


画像


富士山の左側はずっと雲海が拡がっています。丹沢の山並みでは台形のように見える大室山と丸く盛り上がった蛭ヶ岳が目立っていました。

画像


画像


画像


展望を満喫し、軽く朝食を食べてから撤収に掛かります。昨日の雨か夜露か分かりませんが、フライがかなり濡れていたりしましたがなんとかザックに詰め込みます。鴨沢や峰谷へ下山ならテントを張ったままにして、身軽な装備で山頂往復すると楽ですが、天気がいいので日原に下ることにしました。

***********************************************************************
唐松谷林道は10月2日付で通行禁止となっていました。また長沢谷桟道が流出で通行不能だという看板が、日原林道入口付近のゲートに立っていました。

また山渓の山岳情報では、10月2日付の雲取山荘からの情報として日原コース通行止めとなっています。

私が下った富田新道も倒木が多く、一部登山道が不明瞭なところもありました。また唐松谷林道と合流する手前あたりで通行が難しい部分がありました。

雲取山方面へ向かう方は十分に注意して下さい。
***********************************************************************

食料が減ってやや軽くなったものの、まだまだ重い荷物を背負って雲取山へと向かいます。従走路を進むと尾根道と巻き道が分かれるので、当然のごとく巻き道を進みます。落葉松が多くなり、2つ目の巻き道を登っていくと富田新道への分岐があり、ここで大きく左手に曲がります。

画像


画像


やや急な道ですがたいした距離はなく尾根道と合流します。登山道の一段上が小雲取山です。以前来た時には立ち寄りませんでしたが、目の前なので笹の生い茂ったところを登りました。一応山頂標識がありましたが、雲取山に登った人でここにも立ち寄った人はほんのわずかなのでしょう。

画像


画像


ここからは大きく開けた気持ちのいい尾根道が続いています。富士山jは美しいし、行く手には雲取山頂の避難小屋が見えてきました。

画像


画像


雲取山の左手には飛竜山が大きく見えています。左右に広がる稜線はその名のように竜が翼を広げたようにも見えます。その豪快な山容にはとても魅力を感じました。

画像


段々と避難小屋が大きく見えてきます。そして最後に急斜面をジグザグに登っていくと山頂の一角に到着しました。南端の部分は山梨側らしく山梨百名山の標識が立っています。

画像


画像


画像


最高地点は北側に少し歩いたところにあります。このあたりは東京都と埼玉県の境界らしく、おのおのの標識が立っています。あと展望盤と三角点が置かれています。

画像


画像


画像


画像


山頂からの展望はもちろん素晴らしく、富士山と飛竜山が特に目を引きます。飛竜山の背後には南アルプスがズラッと並んでいます。写真にはうまく写りませんが、赤石と悪沢あたりは特によく見えていました。

画像


画像


画像


平日とはいえ、これだけの展望がある百名山を独り占めとはなんとも贅沢なものです。ここまで大変だったけれど、頑張って登ってきて本当によかったと思いました。

人気blogランキングへ





































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この展望を一人占め!よかったですね〜
雲海に浮かぶ山々が美しいです。

次なるテン泊山行はもう決まってますか?
mimi
2007/10/08 09:14
mimiさん こんにちは。

百名山でも平日の天気予報が悪い日なら空いていますね。2日間で出会った登山者はたった4人です。

そろそろ寒くて厳しくなってきますが、やはりアルプスか八ヶ岳にも行きたいと思ってます。 候補は種池、燕山荘、涸沢、青年小屋、行者小屋あたりです。
まるふく
2007/10/08 12:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
テントを持って雲取山へ Part2(奥多摩小屋から雲取山へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる