いやしの里根場から鍵掛峠と王岳へ Part3

先月の27日に王岳に登ってきました。根場から鍵掛峠を経て、王岳へ到着したのは14時過ぎでした。両脚を痛めてしまい、だましだまし歩いてきたので予定より1時間くらい遅くなってしまいました。

画像


しばらく休憩しても脚の具合はよくなりません。それでも下りならそれほど問題ないだろうと考え、寝場へと下っていきます。主稜線を少し西へ進むと分岐があり、ここを左手に下っていきます。足元が見えないくらいに笹に覆われた道でした。かなり急だったので、慎重に下っていきます。

画像


画像


なんとか傾斜が緩み、少し進むと左に大きく曲がります。道標がなければ直進してしまいそうな所なので要注意です。また急な下りが始まりますが、ジグザグに切られた道なのでキツくはありません。逆コースで登りだったらなかなか厳しいとは思います。

画像


画像


ようやく傾斜が緩み、涸れた沢沿いを下っていきます。道がはっきりしない箇所もありますが、目印のテープももあって迷うことはありませんでした。それほど痛みもなく順調に下ってきたのですが、林道が見えた辺りでほっとしたせいなのか足がまた攣ってしまい、しばらく動けなくなりました。

画像


画像


画像


何とか回復して林道に降り立つと、あとは登山口まで黙々と歩きます。林道はかなり荒れた感じでした。緩やかに下っていき、やがてほぼ平坦な道になりました。あまり見るものもなく単調な道なので、なかなか着かないなと思いながら歩いていました。

画像


画像


画像


橋を渡るとススキの草原が広がり、大きな富士山が見えていました。あとはほんのわずかで駐車場まで戻ってきました。16時前とかなり遅くなってしまいましたが、自力でここまで戻って来れたのでホッとしました。登山中に脚が痛くなったことは何度もありますが、ここまで酷かったのは初めてでした。自分の筋力の無さには、非常に情けなく思いました。

画像


画像


画像


まだふくろはぎがパンパンで、家までの運転は大丈夫なのか心配でした。右足が攣った時の為に左足ブレーキの練習もしましたが、特に問題なく運転は出来ました。あとは朝霧高原で大きな富士山を最後に堪能し、まかいの牧場でソフトクリームを食べ、お土産に名物のチーズケーキを購入してから帰途につきました。

画像


画像


いやしの里根場→(25分)鍵掛峠登山口→(80分)鍵掛峠→(20分)鍵掛→(80分)王岳→(50分)林道出合→(35分)いやしの里根場





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック