入生田駅から石垣山と小田原漁港へ

26日はようやく休みが取れたので、少し足を伸ばして小田原で歴史ハイキングをしてきました。新幹線で小田原まで行き、箱根登山鉄道へ乗り換えて入生田駅で下車します。出発が遅かったせいもあり、歩き始めたのは12時過ぎでした。

画像


画像


まずは駅から近い紹太寺を目指します。右手に進むとすぐに石段があり、これを登ると山上神社です。神社の境内を右手に抜けるとすぐに紹太寺の入口でした。ただし石段を登らずにそのまま進んでも紹太寺へは行けました。紹太寺は小田原藩主だった稲葉氏の菩提寺です。枝垂桜が有名ですが、花の時期ではないのでそこまでは行きませんでした。

画像


画像


画像


画像


お参りした後で入生田駅まで戻り、駅の反対側へと向かいます。入生田駅のすぐ手前で左手の細い道に入ると、まもなくガード下を通ります。国道を歩道橋で渡ると、向こうには地球博物館が見えてきます。かなり立派な施設のようでしたが、今回は立ち寄らずに先へ進みます。

画像


画像


博物館前から一夜城までは約3.2km。「自然を楽しむみち」としてハイキングコースが整備されています。とは言ってもしばらくは車道歩きです。少し進むと太閤橋で早川を渡り、その先からは登り道です。時折解説パネルがあるし、道標も幾つかありました。

画像


画像


画像


しばらく登っていくと道端に大きな岩がありました。石垣用の石材だそうですが、江戸城に運ぼうとしたものだと推測されているそうです。またその先では道路のガケ面から大きな岩が出ていました。こういう岩を使って一夜城の石垣が作られたのだそうです。

画像


画像


しばらく車道を歩いていましたが、右手の細い道に入ります。少し進むと階段があり、車道を離れて山の中へ入っていきました。しばらくは簡易舗装の道を登っていきます。石材を運び出すための石曳道や刻印のある石材も見られました。

画像


画像


画像


左手に丹沢の山並みを望めるようになると、まもなくまた車道へと出ました。この辺りは早川石丁場群だそうです。すぐ右手に登る階段が見えますが、ここは登らずに車道をそのまま進みます。これで合ってるのか少し不安になりますが、まもなく見事なスダジイの木があり、ここに案内板があったのでほっとしました。

画像


画像


画像


スダジイの木の少し先で分岐がありますが、ここには道標がありました。標識に従ってまっすぐに進むと下り坂になり、青い相模湾が見えてくるとまもなく一夜城前の駐車場です。大きな駐車場にはきれいなトイレもあり、この日は定休日でしたがYoroizuka Farmもありました。

画像


画像


画像


石垣山は山頂付近が、豊臣秀吉の小田原攻めで本拠地となった一夜城となっています。一帯は歴史公園として整備されていました。駐車場の反対側に登り口があり、石垣を見ながら緩やかに登っていきます。登り着いた広場は二の丸跡です。

画像


画像


画像


画像


二の丸跡からもう一段登ると本丸跡で、奥の方には盛り上がった天守台跡がありました。この辺りが石垣山の最高点で標高261.5mあります。本丸の南側からは相模湾がきれいです。よく見ると小田原城も見えていました。

画像


画像


画像


画像


本丸の東側も開けたところがあり、丹沢の山並みがよく見えていました。大山のピラミダルな山容が目立っていますし、その左手には三ノ塔、塔ノ岳、蛭ヶ岳へと続く稜線がきれいでした。また二の丸広場の先に展望台があり、ここからは明神ヶ岳や神山と駒ヶ岳など箱根の山々の展望が得られました。展望はなかなかでしたが風が強く、かなり寒いのでゆっくり休むには厳しかったです。

画像


画像


画像


ひとまず登り口まで戻り、ベンチに座って少し休憩しました。迷ったのですがここでカツサンドを食べました。あとは小田原漁港へと向かって山を下ります。車道歩きですが相模湾や丹沢の山並みを見ながらですし、途中に石垣山に参戦した武将の案内板があって楽しく歩けました。坂を下りきったところには小田原城主だった大森氏が建立した海蔵寺がありました。

画像


画像


画像


海蔵寺の先で新幹線、そして東海道線をガードで通り過ぎると国道へと出ます。歩道橋を渡ってさらに進むと小田原漁港へ出ました。漁港近くには海鮮のお店がたくさんありました。あまりお腹も空いていませんでしたが、せっかくなので朝獲れ地魚の店で刺身定食を食べました。

画像


画像


画像


小田原漁港から早川駅へはほんの数分でした。これで駅から駅までのハイキングは終了ですが、せっかくここまで来たので、小田原城へも立ち寄ることにしました。東海道線で小田原駅まで戻ると、駅からもうお城が見えています。近いようなので歩いて行きました。小学生の頃以来だと思うのですが、当時の記憶はほとんどありません。小さいお城だと思っていたのですが、お堀も天守閣も立派でしたし、中の展示物も興味深く見物できました。

画像


画像


画像


画像


天守閣最上階からは360度の展望が得られました。小田原駅の向こうには丹沢、そして箱根や真鶴半島などの眺めは素晴らしかったです。夕暮れの小田原城を後にして小田原駅へと戻り、あとは新幹線で帰途に着きました。

画像


画像


画像


画像



入生田駅→(5分)紹太寺→(10分)地球博物館前→(55分)石垣山一夜城→(30分)海蔵寺→(5分)小田原漁港→(5分)早川駅

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック