2018年初歩きは掛川の粟ヶ岳へ

今年は非常に仕事が忙しく、また天候に恵まれなかったりして、なかなか登山に出掛けることができませんでした。ようやく落ち着いたので、本日近くの山を登ってきました。行き先はお茶の山として知られる粟ヶ岳です。

画像


登山口のいっぷく処からしばらくは車道や簡易舗装の道です。お茶畑を見ながら高度を上げていくと、やがて茶草場農法が行なわれている草原があり、この辺りでやっと山道に入ります。

画像


画像


画像


草原から薄暗い林の道になり、巨木も見られるところを抜けると広場があります。トイレやベンチがあり、桜の木が多いので休憩にいいところです。

画像


画像


元の道に戻って進むと鳥居があります。以前は危険なため入口が塞がれていましたが、それが無くなっていたので登ってみました。ちょっと危ない感じなので、できれば避けた方がいいようです。ここから薄暗い植林の道を登っていくとご神木らしい杉があり、更には大きな岩が並んでいる磐座がありました。

画像


画像


画像


磐座のすぐ上が山頂部です。遠州七不思議の一つである無限の井戸があり、その裏手が最高点(532m)です。山頂を踏んでから阿波々神社にお参りし、少し下ったところある山頂茶屋へと向かいます。

画像


画像


画像


山頂いっぷく処の前には草で作られた大きな犬がいました。晴れてはいますが雲が多く、また暖かい日だったので霞んでしまい、すっきりとした展望ではなかったです。茶屋では掛川牛入りの黒カレー(850円)をいただきました。

画像


画像


しばらく休憩したら下山しますが、元の道ではなく車道を進みます。茶の文字の近くを何度か通りますが、現在位置を表す看板が3箇所ありました。倉真温泉方面の道を分け、しばらく下ると元のハイキングコースへと戻れました。

画像


画像


画像


あとはゆっくり歩いて駐車場へと戻りました。途中では梅の花も咲き始めていました。登り50分、下り35分と短い行程でしたが、久し振りの登山は心地いいものでした。

画像


画像





この記事へのコメント

AI
2018年02月19日 21:05
ブログ再開されて嬉しいです(^-^)
いつも楽しみにしております(^-^)
まるふく
2018年02月19日 22:27
AI様コメントありがとうございます。

なかなか山に行けない状況なのですが、地道に続けております。時々覗いてみて頂けると幸いです。

この記事へのトラックバック