まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒部源流の山〜鷲羽岳へPart1(新穂高温泉から鏡平山荘へ)

<<   作成日時 : 2018/08/27 17:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

19日日曜日、新宿を夜23時出発の毎日あるぺん号にて新穂高温泉へ向かいました。新宿の乗り場は都庁の大型バス駐車場なのですが、ちょっと分かりにくかったです。料金は3列シートバスで10800円でした。談合坂と諏訪で少し休憩があり、6時過ぎに新穂高温泉へ着きました。

画像


初めての夜行バスであまり寝れなかったのですが、体調はまずまずでした。気温は16.9度とちょっと肌寒いくらいでした。観光案内所でトイレを済ませ、登山届けを提出してから歩き始めます。すぐに橋を渡り、車道をゆるやかに登っていきます。まもなくゲートがあり、ここからは林道歩きでわさび平小屋を目指します。

画像


画像


林道はしばらくは沢の左岸に沿っています。緩やかに登っていて、歩きやすい道が続きます。わずかですがゴゼンタチバナやコイワカガミの花も見られました。

画像


画像


画像


やがて橋があって右岸に渡ります。この橋ですが、傾いているため通行注意となっています。危険だとは感じませんでしたが、急いで通り過ぎました。右手に水道施設を見て進むと樹林帯に入り、これを抜けると明るい草原に出ました。ここではネジバナを見ることができました。

画像


画像


画像


また樹林帯に入ると笠ヶ岳へ登る笠新道の入り口がありました。水場があって、冷たい水が出ていました。ほぼ平坦な道を10分ほど進むとようやくわさび平小屋に着きました。ここまで約70分とほぼ予定どおりでした。

画像


画像


画像


小屋前のベンチで持ってきたおにぎりを食べ、しばらく休憩しました。小屋には冷たい水で冷やされた飲み物やスイカ、トマト、きゅうりなどがありました。水も豊富で、目の前の沢が利用できました。トイレは利用料100円ですが、とてもきれいな水洗トイレでした。

画像


画像


画像


画像


この日は鏡平泊りの予定なのであまり急いでおらず、とにかくゆっくりと登る予定でした。わさび平小屋からはブナ林の中のほぼ平坦な道を進みます。10分くらいで樹林帯を抜け、やや登り気味に奥へと進んでいきます。橋のところで左手に下る道が小池新道の入り口です。

画像


画像


画像


画像


河原へと降り、沢を木の橋で渡って進んでいきます。やがて石畳のように整備された道が始まります。ロープが張ってあったり、マークが多数あるので安心です。次第に急な登りとなり、灌木帯に入って展望もなくなります。

画像


画像


画像


画像


しばらくキツイ登りを頑張ると、辺りが開けて、行く手に稜線も見えてきました。傾斜も緩んでくると、まもなく秩父沢に着きました。ここでは多くの登山者が休んでいました。かなり汗をかいていたので、沢の水で顔を洗い、タオルも洗っておきました。また水の補給もしておきました。

画像


画像


画像


秩父沢でもゆっくり休憩しました。10時過ぎに出発し、少し登ると細い沢を渡ります。その先では大きな岩が積み重なっている所を通過します。ここはチボ岩というらしいです。振り返ると焼岳がよく見えていました。

画像


画像


画像


大きな岩の道を登っていくと、ようやくイタドリヶ原へ着きました。この辺りは非常にキツく感じました。シシウドの向こうには焼岳と乗鞍岳が見えていました。

画像


画像


画像


少し休憩し、また急な道を頑張って登っていきます。ミヤマトリカブトが咲いていて、もうそろそろ秋なのかなと思いました。暑いし、かなりバテてきていたのでペースが落ちましたが、ようやくシシウドヶ原へと到着しました。今年はシシウドの当たり年らしく、一面に咲き誇っていました。

画像


画像


画像


画像


ここまで来れば一安心です。少し休憩してから鏡平山荘を目指します。右手の斜面に取り付き、どんどん高度を上げていくと、やがて熊のおどり場と呼ばれる草原を通過します。

画像


画像


画像


画像


大きな岩にあと500mと書いてあるところから、また急な登りが続きます。ハクサンフウロなどお花が見られ、少し元気が出ます。あと5分と岩に書かれたところから最後の登りで、ようやく木道のある平坦な道に出ました。

画像


画像


画像


画像


木道を少し進むと鏡池に着きました。残念ながら槍ヶ岳も穂高も雲の中でした。あとはほんのわずかでかが平山荘に着きました。13時前とまだまだ早いですが、無理せずここで宿泊とします。一泊二食付きで9800円。暑いので名物のカキ氷(500円)をいただいて、小屋前のベンチで食べました。

画像


画像


画像


夕食まで時間があるので、本を読んでのんびりします。後で鏡池にも行こうと思っていたのですが、雨が降ってきてしまい、やがて土砂降りとなってしまいました。無理して双六小屋まで行こうとしなくてよかったと思いました。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒部源流の山〜鷲羽岳へPart1(新穂高温泉から鏡平山荘へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる